定番のジーンズはユルッとダボッと。メンズライクな着こなしが今季のカギ【パリスナップ】

2022.10.14
9月26日〜10月4日に、2023年春夏シーズンのパリファッション・ウィークが開催された。各ブランドの会場には韓国スターをはじめするセレブリティが来場し、ランウェイにも“イェ”ことカニエ・ウエストが登場するなど、エンタメ性たっぷりに話題に事欠かない8日間となった。オフランウェイでは、引き続き中国ロシアの来場者が少なかったものの、その他各国から業界人が集結。今季のトレンドを象徴するスタイルで、街全体に活気をもたらした!

6月に開催された2023年春夏シーズンのメンズ・ファッション・ウィークでは、各ブランドのランウェイをジーンズが独占していた。そんな影響を受けてか、今季のオフランウェイではメンズライクなジーンズのカジュアルスタイルが目立った。シーズン問わずワードローブに欠かせないアイテムながら、シルエットとスタイリングは現代風にアップデートしている模様。


emma/モデル


日本から駆けつけたモデルのemma(エマ)は、ビッグメゾンのショーに参加。「シャネル」の会場外でキャッチした彼女は、ショート丈のジャケットにハイウエストのストレートジーンズでマニッシュなスタイル。中に着たチューブトップで、ヘルシーな露出を取り入れているのが今っぽい!


サラ・ハリス/イギリス版「ヴォーグ」副編集長


いつ見かけてもジーンズをシックに履きこなしているサラ。今季はウォッシュドタイプのテーパードジーンズを、やや腰履きしてリックスした雰囲気。トップスは「ザ ロウ」の上質なカシミアタートルネック。黒とグレーの落ち着いたトーンで、“レス・イズ・モア”を体現する。


アレクサンドラ・カール/スタイリスト


床をするロングのバギーで来場したのは、北欧を拠点にスタイリストとして活動するアレクサンドラ。Tシャツニットウエアをジーンズにイン。さらにオーバーサイズなジャケットもギークでメンズライクながら、「メゾン アライア」の真っ赤なハートシェイプのバッグがポイントとなって、他と差をつけるジーンズスタイルが完成。


レイア・スフェズ/アートディレクター


今年「シャネル」のクルーズコレクションにモデルとして登場したレイア・スフェズは、パリを拠点にするアートディレクター、そして2人の子供を抱えるママ。スパンコールの装飾が輝くツイードコートを、ダボッとしたジーンズでカジュアルダウン。emma同様に、クロップ丈のトップスでウエストを見せればフレッシュな仕上がり。


番外編
時代を超越したタイムレスなアイテムであるジーンズ。今季はリラックスシルエットに変化したのに加え、デニムonデニムのスタイリングも多く見かけた。






Text by ELIE INOUE
Photo by Yusuke Kinaka

ELIE INOUE
  • emma/モデル
  • サラ・ハリス/イギリス版「ヴォーグ」副編集長
  • アレクサンドラ・カール/スタイリスト
  • レイア・スフェズ/アートディレクター
ページトップへ