木々に囲まれた水と光のチャペル。2019年1月、京都駅前に誕生するホテル「ザ・サウザンド キョウト」のウエディング

PROMOTION
2018.07.17
2019年1月、京都駅前に開業予定のホテル「ザ・サウザンド キョウト(THE THOUSAND KYOTO)」。これまでの京都にはない、京都の豊かな知識に触れる“パーソナル・コンフォート・ホテル”というコンセプトに基づき、そのスタイルを提唱するウエディングブランド「マシロ(MASHIRO)」が新たに誕生した。

京都駅から徒歩で約2分という好立地の「ザ・サウザンド キョウト」は京阪グループのフラッグシップホテルとしてオープン。「MASHIRO」は、同ホテルで行うウエディングを総称したブランド。“真っ白な紙に一字ずつ思いを綴っていくように”という意味が込められており、自然に囲まれたチャペルで、2人や家族、訪れるすべての人が心地よく過ごせるウエディングを提案する。


MASHIROが提案するのは、街中であることを思わず忘れさせてくれるプライベートな空間でのウエディング。前庭が印象的なホテルエントランスを抜け3階に上がると、チャペルを囲む奥庭が現れる。新緑や紅葉、水面にきらめく光、目線を上げると京都の山々を表現した植栽が広がり、清々しい風と四季の移ろいを感じさせる。

チャペルに一歩足を踏み入れると、そこには心地よい木と光のぬくもりを感じる空間が。風にゆれる木の葉や水の流れをゆったりと見つめ、幸せをかみしめる時間が流れる。透明なステンドグラスからは陽の色に染められた清らかな光がふりそそぎ、水辺のせせらぎ、木々が織りなす自然のリズムが、2人とゲストを優しく包み込む。

独立型チャペル「コモレビドウ(KOMOREBIDO)」内観(イメージ)

独立型チャペル「コモレビドウ(KOMOREBIDO)」内観(イメージ)

会場の一つ「バンケット・スタジオ セン」の雪見障子に見立てた引き戸の向こうには、季節の移ろいを感じさせる坪庭が。石畳や組子文様をモチーフにした絨毯、和紙をあしらった天井など、京都らしいしつらえで華やかなひとときを提供する。

バンケットルーム(会場)「バンケット・スタジオ セン」(イメージ)

式場、ウエディングの中身が気になった2人には、「ザ・サウザンド キョウト」のオープンに先駆けて行われているウエディングフェアに訪れてみるのがおすすめ。ホテルメイドのスイーツや、ランチ、ディナーが楽しめる(※ホテル開業まではスイーツ、ランチ、ディナーをグループホテルで提供)他、会場、チャペルの詳細はもちろん、ウエディングの準備、費用、スケジュールなど、プランナーが2人の思い一つひとつに寄り添ったプランを提案してくれる。

スイーツ(イメージ)



【ホテル概要】
ザ・サウザンド キョウト(THE THOUSAND KYOTO)
住所:京都府京都市下京区塩小路通下ル東塩小路町570番
開業:2019年1月予定
階数:地下1階〜地上9階
客室:3階〜9階 222室
施設構成:宴会場、飲料施設、チャペル、ウエディングサロン、衣裳室、美容室、スパ、ジム、駐車場

【問い合わせ先】
ウエディングサロン開業準備室(※予約制)
場所:京都センチュリーホテル 1階(宴会場フロア奥)
営業時間:平日 11:00〜19:00 / 土日祝 10:00〜19:00
定休日:火曜日(※祝日は営業)
電話番号:075-351-1313 <ウエディングサロン開業準備室直通>
URL:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/the-thousand-kyoto/wedding/
 
 
編集部
  • 独立型チャペル「コモレビドウ(KOMOREBIDO)」
  • 独立型チャペル「コモレビドウ(KOMOREBIDO)」
  • 独立型チャペル「コモレビドウ(KOMOREBIDO)」
  • バンケットルーム(会場)「バンケット・スタジオ セン」
  • スイーツ
  • スイーツ
  • ザ・サウザンド キョウト(THE THOUSAND KYOTO)
ページトップへ