THREE擁するアクロから新メイクアップブランド「アンプリチュード」が秋にデビュー

2018.06.26

スリー(THREE)を展開する株式会社アクロ(ACRO)から新たに立ち上がるメイクアップブランドがついにベールを脱いだ。名前はアンプリチュード(Amplitude)。クリエイティブ ディレクターには、元RMKのクリエイティブディレクターであったビューティークリエーター・メイクアップアーティストのRUMIKOを迎え、9月1日にデビューコレクションを発売する。

“大人のナチュラルにはもっと上の次元がある”という理念の下、このたびローンチするアンプリチュードは、「大人のかわいさには、知性が不可欠である」と提唱するRUMIKOの考える、“真のかわいさ”、すなわち知性と色気を併せ持った、“かっこいい大人美”を体現させたブランドだ。

世界中の女性の肌を知り尽くしたRUMIKOが、まず第一弾として提案するのは、新次元のベースメイク。9月に発売されるデビューコレクションには、ベースとファンデーション各2種、コンシーラーとルースパウダー各1種といった、ベースメイクを中心としたアイテムが並ぶ。

主力のアイテムは一貫して、重ね付けしても厚くならない“透き通る感”をテーマに、70%配合の水性成分によってみずみずしい仕上がりへと導く「クリアカバー リキッドベース」(30mL 7,500円)、肌の凹凸・毛穴・シワを均一に整える「コンプリートフィット クリームベース」(32g 7,000円)、肌に溶け込むようなテクスチャーの「ロングラスティング リキッドファンデーション」(全10色 SPF 22 / PA++ 30mL 9,000円)、薄膜に仕上がるエマルジョンタイプの「トランスルーセント エマルジョンファンデーション」(全10色 SPF 22 / PA++ 10.5g 1万1,000円 *リフィルとコンパクトのセット価格)、高粘度によるフィット感が新しい筆ペンタイプの「リキッドコンシーラー」(全4色 / 1.8g 5,500円)、肌の温度に触れて溶ける「フィニッシュ ルースパウダー」(全2色 / 11g 6,500円)がラインアップ。

そのほか、「ファンデーションブラシ」(5,500円)、「スポンジ(2枚入り)」(1,000円)、「トランスルーセント エマルジョンファンデーション ブラシ」(1,000円)、「フェニシュ ルースパウダー パフ」(1,000円)に加え、デビュー時だけのリミテッドアイテムとして、アイシャドウパレット「アンプルラブ フォーアイズ」(7,800円)と、チークパレット「アンプルラブ フォーチークス」(7,800円)も登場する。

アイテムは9月1日を皮切りに、伊勢丹新宿店やオフィシャルECでの展開を予定。9月末には日本橋高島屋S.C.、続いて大阪の百貨店など年内に計3店舗の出店も予定している。また2019年以降には、アジアや欧米諸国への展開も計画しているという。

さらにアクロは創業10周年を機に、この秋アンプリチュードを始めとする3つの新ブランドを導入する予定だ。
編集部
  • 「アンプリチュード クリアカバー リキッドベース」(30mL 7,500円)、「アンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション」(全10色 SPF 22 / PA++ 30mL 9,000円)
  • 「アンプリチュード トランスルーセント エマルジョンファンデーション」(全10色 SPF 22 / PA++ 10.5g 1万1,000円 *リフィルとコンパクトのセット価格)
  • 「アンプリチュード トランスルーセント エマルジョンファンデーション」(全10色 SPF 22 / PA++ 10.5g 1万1,000円 *リフィルとコンパクトのセット価格)、「アンプリチュード フィニッシュ ルースパウダー」(全2色 / 11g 6,500円)、「アンプリチュード リキッドコンシーラー」(全4色 / 1.8g 5,500円)、「アンプリチュード コンプリートフィット クリームベース」(32g 7,000円)
  • 「アンプリチュード アンプルラブ フォーアイズ」、「アンプリチュード アンプルラブ フォーチークス」(各7,800円)
  • 「アンプリチュード」のクリエイティブ ディレクターRUMIKO
ページトップへ