パリのスターパティシエ“ミシャラク”海外初店舗が表参道に上陸! 「ミシャラク表参道」が2018年秋オープン

2018.06.20
パリで活躍する、若きスターパティシエのクリストフ・ミシャラク(Christophe Michalak)が手がけるパティスリー「ミシャラク表参道(MICHALAK OMOTESANDO)」が、2018年10月に表参道にオープンする。


クリストフ・ミシャラクは、ピエール・エルメの薫陶を受け、パリの5つ星ホテル「プラザ・アテネ」にて27歳の若さでシェフパティシエに就任する華々しいキャリアを誇る。在籍中にクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(世界大会)にフランス代表キャプテンとして出場、チーム優勝を果たした。

フランス菓子伝統の技術に、遊びごごろ溢れる見た目をあわせた独自のスイーツが魅力のミシャラクは、2013年には教室を併設した自身の店舗「ミシャラク・マスタークラス/ミシャラク・テイクアウェイ」をパリにオープンした後、ミシャラク・パリをマレ地区、サンジェルマン地区に展開。現在、パリ市内では4店舗を展開している。また、自身が著作のレシピに関する書籍も多数出版。その販売部数は10万部を超え、新世代のスターパティシエとしてカリスマ的な人気を誇っている。
ミスケー(MISS K)
海外初出店となるミシャラク表参道のコンセプトは「ロック&ラグジュアリー」。パリで人気の繊細かつアーティスティックなスイーツを多数展開予定だ。

現在、日本のオフィシャルサイト(http://michalak.jp/)では、スイーツの「人気投票」を実施中。ナッツやフレッシュフルーツ、クリームを層にしたオリジナルのヘルシースイーツ「コスミック」や、クリームがたっぷり入った大きな2段のシュー「ミスケー」、クッキーとブラウニーが出会って生まれた「クーニーズ」、そしてフランスの郷土菓子をベースにしたフレッシュな焼菓子「ユニーク」といった、パリで大人気のシグネチャーメニューが勢揃い。ミシャラク表参道にて取り扱って欲しい、好きなスイーツに投票ができる。

さらに、オフィシャルサイトではオープンに先駆け、プレゼントキャンペーンの第1弾を7月19日まで展開中。サイン入りコックコートや、サイン入りマスターブックなどが抽選で当たる。

編集部
  • ミスケー(MISS K)
  • コスミック(KOSMIC)
  • クーニーズ(KOONIES)
  • ユニーク(UNIK)
  • ミシャラク氏のレシピ書籍
  • クリストフ・ミシャラク
  • 店舗イメージ
ページトップへ