東京駅グランスタで駅弁祭り開催! 駅弁記念日にあわせて「出張応援駅弁」が登場

開催日:2018.07.01-07.31
2018.06.15
日本初の駅弁が発売されたといわれる日、駅弁記念日(7月16日)に合わせて、出張利用客へ向けた「出張応援駅弁」を販売する「新・駅弁祭り」が開催。7月1日から7月31日まで、東京駅地下1階の改札内ショッピングスポット「グランスタ(GRANSTA)」と東京丸の内地下エリアの改札外「グランスタ丸の内(GRANSTA MARUNOUCHI)」にて。
「江戸っ子弁当」(税込980円)
イベントはその名のとおり、出張利用客をターゲット。東京駅から出張に行く人、出張を終えて帰ってくる人、それぞれへ向けた駅弁を提案する。
期間中は東京駅限定駅弁やお酒、おつまみをシーンに合わせて展開する他、手土産のおすすめやのお供に便利なアイテムなど、出張を応援する商品をバラエティ豊かに取りそろえる。
「彩り華御膳」(税込1,296円)
これから出張へ行く人向けには、「出張がんばれ弁」。がっつり&手軽にべられるのをコンセプトに「特盛り唐揚げ麻婆豆腐丼」(税込880円)、「紀ノ国屋かつサンド」(3切入り税込430円/6切入り税込840円)、そして東京駅限定の「鶏の唐揚げガパオ弁当」(税込900円)、そして彩り鮮やかな弁当として、「彩り華御膳」(税込1,296円)と東京駅限定「江戸っ子弁当」(税込980円)などが用意されている。

「Grazie! Deli&ビールセット」(税込1,680円)
一方で、出張を終えてこれから帰るという人向けには、「出張お疲れ弁」が登場。イタリアクラフトビール1種とパスタ1種、サラミ1種を組み合わせた「Grazie! Deli&ビールセット」(税込1,680円)をはじめ、東京駅限定の「大和まほろば 夏のお弁当」(税込1,280円)、「特製おつまみ弁当 祭」(税込1,300円)、「だん重」(税込2,000円)、「牛たん5枚10切れ弁当」(税込2,538円)など、贅沢なおつまみや豪華な弁当がラインアップ。
「うな重(大)」(税込2,700円)
さらに、7月20日の土用の丑の日に合わせて、「うな重(大)」(税込2,700円)や東京駅限定「うなぎチラシ」(税込1,600円)など人気店や老舗の名店こだわりのうなぎ弁当がラインアップされる。なかには、丑と牛をかけた、うなぎと牛肉を両方楽しめる「大和まほろば うな牛弁当」(税込2,380円)や「うなぎと牛たん焼き弁当」(税込1,404円)といった ユニークな商品も。

他にも、アイマスクや衣類の整理に便利なポーチといった旅のお供に便利なアイテムや手土産など、出張を応援する商品を取りそろえている。今から出張の人も、出張から帰る人も東京駅に寄った際に是非チェックしてみては?


【イベント情報】
新・駅弁祭り
開催期間:7月1日~7月31日
会場:東京駅エキナカ商業施設「グランスタ」および改札外「グランスタ丸の内」
営業時間:「グランスタ」8:00~22:00(日・連休最終日の祝日は21:00まで)、「グランスタ丸の内」10:00~22:00(日・連休最終日の祝日は21:00まで)
※グランスタ新エリアは9:00~22:00(日・連休最終日の祝日は21:00まで)
※一部ショップにより異なる。
編集部
ページトップへ