紙を使ったポップでキッチュなオブジェが勢ぞろい! アトリエコウノの東京初個展が表参道で開催

開催日:2018.07.06-07.11
2018.06.12
ポップでキッチュな衣装やオブジェ作品を手がけるアトリエコウノ(ATELIERKOHNO)による、東京で初めての個展、ATELIERKOHNO EXHIBITION 5「HELLO TOKYO」が、渋谷区の表参道ROCKETにて7月6日から7月11日まで開催される。


アトリエコウノは、大阪を拠点に、紙を何枚も張り重ねたオブジェ・衣装などの製作活動をしており、作品は雑誌やCM、店舗内装にも起用されている。

こんなものがあったらいいなと作家が考えた、架空の設定のなかに登場する盆栽やべーコン、スナック菓子の袋、チューブ、目玉焼きなど、実際のサイズより巨大化して作られたオブジェたちは、見る者と同じ空間にあるだけで現実世界に少しの違和感を残した日常を生み出す。


関西を中心に個展を開催しているアトリエコウノだが、今回、初の東京での開催が実現。

本展では、大小さまざまなサイズのオブジェ(1万円から)を展示・販売するほか、イヤリングやバッジなどのアクセサリー(4,000円から)も販売。また、紙で作った衣装やカツラ、動物の耳などの小道具を身につけての写真撮影を体験できる。

本物のようで本物ではない不思議なオブジェが作り出す空間の中、作品を見て、触って、アトリエコウノのクリエイションを体感してみては?


【イベント情報】
ATELIERKOHNO EXHIBITION 5「HELLO TOKYO」
会期:7月6日〜7月11日(会期中無休)
会場:表参道ROCKET
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館3F
時間:11:00〜21:00(7月8日は20:00まで、7月11日は18:00まで)
料金:無料
編集部
ページトップへ