渋谷と代官山をつなぐ「渋谷ブリッジ」、東横線跡地に今秋誕生! ホテルや認定こども園がオープン

2018.05.25
2018年秋、東急東横線の渋谷〜代官山間の地下化によって新たに創出された線路跡地に「渋谷ブリッジ(SHIBUYA BRIDGE)」が開業。

渋谷ブリッジ B棟外観イメージ(代官山駅側)©︎渋谷ブリッジ
施設名称の「渋谷ブリッジ」には、多世代・異文化への「橋渡し」、渋谷と代官山という異なる顔を持つエリアの「橋渡し」をしたいという想いが込められている。渋谷に訪れるさまざまな世代や文化を繋ぎ、東横線の記憶を次の世代へ受け継いでいくとともに、渋谷~代官山間の回遊性を向上しながら賑わいを創出する。また、待機児童や訪日外国人受け入れなど、地域のニーズに応え、渋谷の南側エリアに新しい街の魅力を創出する施設を目指す。

渋谷ブリッジ ロゴ ©︎渋谷ブリッジ
ロゴマークは、「SHIBUYA」と「BRIDGE」の頭文字を、鉄道標識をイメージした菱形にデザイン。「S」は多世代・異文化・エリアを「繋ぐ」イメージ、「B」は線路の枕木の形状がモチーフに。また、「BRIDGE」の「R」にアンダーバーを施すことで、「Rail-Road(鉄道上部)」、「Reborn(再生)」、「Relay(継ぐ)」という言葉や、円の半径を表しカーブを意味する「R(アール)」を受け継ぐことを表現している。

渋谷ブリッジ 認定こども園が開園するA棟外観イメージ ©︎渋谷ブリッジ
渋谷ブリッジは、約600mに渡って整備される渋谷川沿いの遊歩道の先に位置し、A棟・B棟の2棟の建物で構成される複合施設。A棟には、保育所型認定こども園「渋谷東しぜんの国こども園 small alley」が開園する。短時間保育への取り組みや、子育て支援スペースなどの機能も備える。
B棟には、多様な人々が交流する場となるホテル「MUSTARD HOTEL」や、入居者が自由に空間を創ることができる仕様のオフィス、地域に新たな人々を呼び込む店舗やカフェなどの機能を備える。

事業主である東京急行電鉄株式会社は、隣接する施設・渋谷ストリームや官民連携による渋谷川の整備とともに、渋谷~代官山の渋谷駅南側エリアの回遊性を高めることで、広域渋谷圏の魅力向上や、渋谷が「日本一訪れたい街」となることを目指し、世界へ渋谷の魅力を発信していくという。

【施設情報】
渋谷ブリッジ(SHIBUYA BRIDGE)
住所:東京都渋谷区東一丁目29番1号・3号
開業:2018年秋
編集部
  • B棟外観イメージ(代官山駅側)
  • 渋谷ブリッジコンセプト
  • 渋谷ブリッジロゴ
  • 渋谷ブリッジ計画地
  • 認定こども園が開園するA棟外観イメージ
  • 用途構成イメージ
ページトップへ