落合陽一の個展が表参道ジャイルで開催。新作4点を含む、近年の作品15点を展示

開催日:2018.04.20-06.28
2018.04.02
メディアアーティスト・落合陽一の新作や近年の作品を集めた個展「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」が、表参道にあるジャイル(GYRE)にて4月20日から6月28日まで、開催される。


世界的なメディアアート賞であるアルスエレクトロニカ賞など、国内外で受賞歴があり、筑波大学准教授も務める落合陽一。本展では、彼がアーティストとして向かい合ってきた「映像と物質」の間の探求をテーマにした近作や、「東洋の持っている“物化”の過程を詩的に体感する旅路」 として制作した複数の新作を、 近年の落合の制作のテーゼである「計算機自然」をモチーフに構成。ジャイル3階のギャラリー、EYE OF GYREにて「Morpho Scenery」など新作4点を含む、計15点を展示する。

また本展覧会に先駆け「Media Ambition Tokyo 2018」のサテライト企画として、ジャイルのアトリウム(吹き抜け空間)では、5月13日まで作品が展示される。

【イベント情報】
落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
会期:4月20日〜6月28日
会場:EYE OF GYRE 
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3階
時間:11:00〜20:00
料金:無料

Morpho Scenery in GYRE: Optical Scale and Mind Scale
会期:2月20日〜5月13日(予定)
会場:GYRE 吹き抜けスペース
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1
時間:11:00〜22:00
編集部
  • Morpho Scenery in GYRE: Optical Scale and Mind Scale
ページトップへ