新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言により、予定されていたイベント期間や発売日等に変更が発生している可能性があります。配信中の記事は、配信日時点での情報になります。

音楽の効果を再確認する『はじまりのうた』【映画 Sounds! 】

PROMOTION
2018.04.01
FASHION HEADLINE読者に向けてオススメの映画サウンドトラックを紹介する企画「映画 Sounds! 」。第2回目はジョン・カーニー(John Carney)監督作品『はじまりのうた』をお届けします。



シンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)は、恋人のデイヴ(アダム・レヴィーン)と一緒にロンドンからニューヨークへやってきた。しかしデイヴは歌手活動で忙しく、すぐに離れ離れになってしまう。久しぶりに再会したら、デイヴの浮気が発覚。家を飛び出し、古くからの友人のスティーヴ(ジェームズ・コーデン)を頼るグレタ。スティーヴも音楽活動をしており、この日は彼のライヴがあったため、グレタも一緒に会場へ行き、スティーヴの無茶振りで1曲歌うことに。「都会で独りぼっちのあなたへ」と一声つぶやき、ギターを弾きながら歌うグレタ。それをたまたま聴いていた落ちぶれた音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)は、彼女の歌に可能性を感じ、アルバム製作を持ちかける。音楽プロデューサーとして自身が立ち上げたレーベルからも見限られたダンは、ニューヨークの街中で演奏し、それを録音してアルバムをつくることを思いつく。こうしてDIYのアルバムづくりが始まる。

恋人に付いてくるかたちで異国へやってきたグレタだけど、「男なしでは生きられない」みたいな女の子じゃなくて、初対面の怪しいプロデューサーの対応も賢くこなすところがかっこいい。「ウイスキーか水があるけど」っていうときに迷わず「ウイスキー」を選ぶところも好き。ダンに「トムボーイ」と言われる、いい感じに力の抜けたファッションにも親近感がわく。演じるキーラ・ナイトレイは1985年生まれのアラサー女子。2000年代後半に一時大騒ぎとなった音楽ジャンル「ニューレイブ」の名付け元であるクラクソンズのメンバーと結婚し、一児をもうけている。女優としてだけでなくこの世代の女性として注目したい存在。

アカデミー賞の歌曲賞にノミネートされた劇中歌「Lost Stars」は、キーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)が歌うグレタ・ヴァージョンとアダム・レヴィーン(Adam Levine)のデイヴ・ヴァージョンの2つが楽しめる。キーラ・ナイトレイの声は可憐で、繊細なアコースティックの雰囲気とよく合っている。アダム・レヴィーンはさすがマルーン5(Maroon 5)。スタジアムが似合う仕上がりで、サビの高音部分が最高だ。

ダンとグレタが「スプリッター」を使って一緒に音楽を聴きながら夜のニューヨークを歩き回った後、「音楽で平凡な風景が意味のあるものに変わる」というダンの言葉が印象的だった。私たちの生活には映画みたいにBGMが流れてこない。だけどイヤホンやヘッドフォンをして音楽を聴くと、自分だけのBGMがかかったような気分になれる。そんなときは歩き方もちょっと気取った風になったりして。音楽は日常生活を映画のワンシーンのようにできる力を持っているということを再確認した。


ci
ページトップへ