ステラ マッカートニーのフレグランス「ステラ ピオニー」が新ボトルで復活、スパイスの効いたウッディフローラルの香り

2018.02.24

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)のフレグランス「ステラ ピオニー(STELLA peony)」がボトルのデザインを一新してカムバック。

「ステラ ピオニー」(50ml/9,800円、100ml/1万3,000円)は、ステラ・マッカートニーが“世界で一番美しい花の一つ”と称えるピオニーからインスピレーションを得たオードトワレ。フレッシュでスパイスの効いたフローラルに、ブランドのシグネチャーフレグランス「STELLA」のキーノートでもあるセンシュアルでマスキュリンなアンバーをブレンド。マンダリンやフリージア、ロータスフラワーが香り立つ朝露のようなトップノートから、ローズピンクのピオニーとゼラニウムが融け合ったミドルノートが続き、ラストは肌に馴染むアンバーと奥深いパチョリによる優雅で高貴な香りで締めくくる。

新しくなったボトルデザインは、コントラストの効いた「ステラ ピオニー」の香りを象徴するように、赤みを帯びた明るいピンク色のボディーに幾何学的なブラックのキャップをオン。さらに、シグネチャーゴールドをプラスすることで、エレガントに仕上げている。ボトルと同色に輝くパッケージには、ゴールドのドットを配し、フレグランスの華やかさを一段と引き立てるデザインになっている。

また、ステラ・マッカートニーの実姉であるメアリー・マッカートニー(Mary McCartney)が撮影した広告キャンペーンでは、モデルのアリゾナ・ミューズ(Arizona Muse)が大胆なアティテュードとセンシュアルな美しさに満ちたステラウーマンを体現。公式サイトではキャンペーンムービーも公開されている。
Akiko Hanazawa
ページトップへ