帝国ホテルのストロベリーフェア 第一弾、旬な苺を使ったアフタヌーンティーやスイーツが登場

開催期間:2018.01.01-03.31
2018.01.12
帝国ホテル 東京はストロベリーフェア 第一弾を1月からスタート。本館17階のインペリアルラウンジ アクアでは、毎年好評の苺づくしのアフタヌーンティー「アフタヌーンティー “ストロベリー”」を提供、本館1階にあるホテルショップのガルガンチュワでは、苺を使用したスイーツなどのテイクアウト商品を販売している。

インペリアルラウンジ アクア「アフタヌーンティー  “ストロベリー”」(税込 4,536円)
インペリアルラウンジ アクアで楽しめる「アフタヌーンティー “ストロベリー”」(税込 4,536円)は、旬の苺をふんだんに取り入れたアフタヌーンティーメニュー。今ストロベリーフェアの第一弾として、1月6日から2月28日までの期間限定で提供している。

苺の酸味、色あいと相性のいいピスタチオを使用した、ピスタチオのマカロンやピスタチオクリームを添えた苺のカップケーキや、タラバ蟹と苺のサンドイッチなど、春の訪れを感じられるメニューがラインアップ。飲み物はティーインストラクターがセレクトした、約30種類のオリジナルのティーバリエーションから自由に選ぶことができる。

なお、ストロベリーフェアの第二弾は、3月1日から4月下旬まで内容を変えて提供予定。

右「苺のシフォンケーキ」(810円)、左奥「ミルフィーユ」(972円)、左手前「タルトフレーズ」(1,296円)

本館1階のガルガンチュワでは、3種類の苺のスイーツを1月1日から3月31日まで販売中。

「苺のシフォンケーキ」(810円)は、苺とオレンジ風味の紅茶を生地に練り込んだシフォンケーキに、苺とホイップした生クリームをサンド。「ミルフィーユ(972円)」は、サクサクのパイ、甘酸っぱい苺、濃厚なカスタードクリームを重ねた人気の一品。「タルトフレーズ」(1,296円)は、グランマルニエ風味のカスタードクリームを円形のタルトにつめ、上にフレッシュな国産苺、縁には苺と相性のいいピスタチオをあしらい、苺の味わいをたっぷり楽しめる。テイクアウトして、自宅でも春の訪れを楽しんでみては。

【店舗情報】
インペリアルラウンジ アクア
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館17階
提供期間:1月6日~2月28日
提供時間:11:30~18:00(ラストオーダー)

ガルガンチュワ
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館1階
提供期間:1月1日~3月31日
営業時間:8:00~20:00(ケーキ類は10:00より販売)
編集部
  • 「アフタヌーンティー  “ストロベリー”」(税込 4,536円)
  • 右「苺のシフォンケーキ」(810円)、左奥「ミルフィーユ」(972円)、左手前「タルトフレーズ」(1,296円)
ページトップへ