写真家・鈴木理策の展覧会「Water Mirror」、東京・渋谷のCASE TOKYOにて開催

開催日:2018.01.20-02.24
2018.01.10
東京・渋谷にあるギャラリースペースCASE TOKYOでは、写真家・鈴木理策の展覧会「Water Mirror」を1月20日から2月24日まで開催する。

© Risaku Suzuki, Courtesy of Taka Ishii Gallery
鈴木理策は1987年に東京綜合写真専門学校研究科修了後、写真による創作活動を始める。1998年に故郷の熊野をテーマに初の写真集『KUMANO』を出版し、2000年『PILES OF TIME』で第25回木村伊兵衛写真賞を受賞。2006年より東京藝術大学美術学部先端芸術表現科にて教鞭をとる。作品は、サンフランシスコ現代美術館、ヒューストン美術館、東京国立近代美術館、東京都写真美術館等に収蔵されている。

展覧会では、昨年日本芸術写真協会と刊行した鈴木理策の作品集『Water Mirror』に焦点を当て、オリジナルプリントの鮮やかな色調が印刷によってどのように再現されたのか明らかにする試み。作品集はライフワークともいえる熊野での撮影の他、南仏のサント・ヴィクトワール山、セザンヌのアトリエ、桜、雪の作品群に続く、水面を主題とするシリーズ「水鏡」46点を収録。

なお、1月27日の17時には鈴木理策と作品集のデザインを手掛けた田中義久によるトークイベントも開催される。

【展覧会情報】
Water Mirror
会期:1月20日~2月24日
会場:CASE TOKYO
住所:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB1
時間:11:00~19:00
休館日:月曜日、日曜日、祝祭日

【書籍情報】
『Water Mirror』
出版社:CASE Publishing
ハードカバー/112ページ、作品46点/260×330mm
発刊:2017年
デザイン:田中義久
編集部
ページトップへ