琵琶湖付近で営む職人たちが、暮らしを木・火・土でしつらえる企画展が白金OFSで開催

開催日:2018.01.13-02.12
2018.01.01
東京・白金にあるアワ フェイバリット ショップ(OUR FAVOURITE SHOP)では、「around Lake Biwa vol.2『しつらえる』」を2018年1月13日から2月12日まで開催する。

around Lake Biwaは、滋賀県・琵琶湖付近で営みをつづけている職人の想いや技を紹介する企画展。今回はその第二弾「しつらえる」と題し、暮らしの中のシーンに沿って、木・火・土でしつらえる。

「木」を中川木工芸(滋賀県大津市・代表中川周士)、「火」を和ろうそく大與(滋賀県高島市・代表大西巧)、「土」を丸滋製陶(滋賀県甲賀市・代表今井智一)が陶器製造を手がける、プロダクトブランドのキコフ(KIKOF)が担う。


会期中はワークショップも開催。1月28日の13時から15時までは、中川木工芸による木のカトラリー作りワークショップを10名限定で実施。ワークショップで使用する節のまわりの部材は、自然の美しい曲がりがあるのが特徴。ちょっとゆがんだかわいい形のスプーンやフォークを、鉋や小刀、彫刻刀などで削って製作する。


2月4日には、和ろうそく大與によるひとひと茶会を開催。ひとひと茶会は火と人の間を探る試みで、火と人の関係、自然と人の関係を考えることをコンセプトとし、実際にろうそくの灯と向き合いながら、“豊かな暮らし”や“社会の成熟”とは何かという問いに、供される粗茶一服を味わいながら和ろうそくを通じて一緒に考える茶会。こちらは、12時30分から13時30分まで、14時30分から15時30分まで、16時30分から17時30分まで、18時30分から19時30分までの全4回で、各回の定員は3名。

いずれもワークショップの参加費は2,000円。メール(reserve@ofs.tokyo)にて、件名に予約日(例:1/28予約)、本文に名前、電話番号と、和ろうそく大與によるひとひと茶会の参加は希望の時間帯を記入のうえ、申し込みが必要。


【展覧会情報】
around Lake Biwa vol.2「しつらえる」
会期:2018年1月13日〜2月12日
会場:OUR FAVOURITE SHOP
住所:東京都港区白金5-12-21
時間:12:00〜19:00(ただし最終日の2月12日は17:00まで)
休館日:月曜日、火曜日(祝日を除く)
編集部
  • around Lake Biwa vol.2「しつらえる」
  • ろうそくの灯
  • 和ろうそく大與和ろうそく大與
  • 和ろうそく大與
  • 和ろうそく大與
  • 中川木工芸
  • 中川木工芸
  • 中川木工芸
  • 中川木工芸
ページトップへ