レアンドロ・エルリッヒ展をレポート! “見る”ことを疑い驚きのアート体験を

開催期間:2017.11.18-2018.04.01
2017.11.22

金沢21世紀美術館に恒久設置された「スイミング・プール」の作家として知られるアルゼンチン出身の現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒの個展「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」が2018年4月1日まで、六本木・森美術館で開催中。新作を含む44点の体験型作品が楽しめる本展の見どころをレポートしよう。

大型インスタレーションから映像まで、視覚的な錯覚を用いて見る人の常識に揺さぶりをかけるエルリッヒの作品は、現代アートになじみがなくても、大人から子供まで誰もが気軽に楽しめるものばかり。しかも、体験型の作品は写真撮影が可能だ。

入口を入るとすぐに現れる「反射する港」は、まるで本当の水の上にボートが浮かび、揺れているように見える立体作品。ここからもうあなたは、エルリッヒの作り出す“不思議な世界”に足を踏み入れている。次の部屋には国や島の形を雲で表現した「雲」、本展のために新たに作られた「教室」、そして隣のマンションの住人たちの日常生活が窓越しに眺められるビデオインスタレーション作品の「眺め」や、玄関のドアの小さな覗き穴から見える映像を確認する「隣人」など、日常の中にある行為や風景をアートにした作品が続く。

また、本展では、30もの部屋が迷路のように設置された日本初公開の「試着室」、“鏡と対面すると自分の顔が見えるに違いない”という思い込みを利用した「美容院」、重力に逆らって建物にぶら下がったり立ったりしている様子を楽しめる参加型のインスタレーション「建物」など、鑑賞者がパフォーマーとなる目玉作品も多数公開されている。44点の展示作品のうち8割が日本初公開となり、エルリッヒのキャリアの全容を紹介する世界でも過去最大規模の個展となっている。

30もの部屋が迷路のように設置された日本初公開の「試着室」


「美容院」

「習慣や既成概念は恐ろしいほどの耐久性で、私たちがおそらく気付かないくらいに、私たちのリアル、現実認識をコントロールしている。そうした事実について、鑑賞者が作品を通じて考えるきっかけになれば良いと思っている」とエルリッヒが語る通り、本展を体験すればきっと新しい「現実(リアル)」感覚が生まれるのではないだろうか。なお、会期中は同時開催プログラムとして「MAMコレクション006:物質と境界―ハンディウィルマン・サプトラ+千葉正也」、「MAMスクリーン007:山本篤」、「MAMプロジェクト024:デイン・ミッチェル」の展示も行われる。


【展覧会情報】
「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」
会期:2017年11月18日~2018年4月1日 会期中無休
会場:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階、53階 時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
料金:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
辻あい子
  • レアンドロ・エルリッヒ
ページトップへ