京都のコミュニティストア トゥー シーで清水焼・トキノハとの「TO SEE ? 展」開催中

開催日:2017.11.01-12.10
2017.11.22

京都にあるコミュニティストア トゥー シー(Community Store TO SEE)で、京都・清水焼のブランド・トキノハとのエキシビジョン「TO SEE ? 展」が12月10日まで開催している。

コミュニティーストア トゥー シーは、京都御所西の閑静な一角にある1棟のビル。写真家の中島光行(nakajimamitsuyuki.jp/)により2016年12月にオープンした。1階にはコーヒータンドとストアスペースを、2階は展示やポップアップストアワークショップをするための空間となっている。

開催中の「TO SEE ? 展」は、1階と2階のフロアを使用した企画展となる。日本の“写し”という文化に習い、カタチの美しい道具や日常生活の中にあるカタチを陶器で表現した。例えば、アイスクリームのパッケージを白い陶に変化させることで、そこに際立って見えてくるカタチの美しさに気づく。さらに、その美しいカタチは機能と実用性のある“入れ物”として生まれ変わるのだ。また、期間中はトキノハのスタンダード商品や新作も店頭に並ぶ。

キャンバスのような白を基調とした空間で見る作品は、ユーモアと奥深さを独自の視点で体感することができるだろう。丁寧に淹れた珈琲を味わいながら、ゆっくりと流れる時間を堪能してほしい。



「トキノハ」
清水大介・友恵の陶芸家夫婦が営む清水焼のブランド。“生活に寄り添う器”をコンセプトにどんな生活スタイルにもすっと溶け込むような器作りを目指す。また、“手でつくる”ということにこだわり、全ての工程を手作業でおこなう。清水焼団地に工房・ショップを構える。 http://tokinoha.jp


【イベント情報】
「和菓子とTO SEE × トキノハ」
会期:11月23日
「和菓子店 青洋」店主・和菓子職人の青山洋子をゲストに招き、和菓子とTO SEE ×トキノハの器のスペシャルイベントを開催。
参加自由 ※和菓子が無くなり次第終了

「題名のない写真館 2」
会期:12月9日、10日
■13:00〜
Community Store TO SEEの1周年イベント「題名のない写真館」を1日限定で同時開催する。写真館では写真家であるCommunity Store TO SEE主宰の中島自らが店主となり、希望者にその場でポートレートを撮影。TO SEE × トキノハ限定の写真立てに入れて納品する。
■20:00〜22:00
トキノハ店主の清水大介とCommunity Store TO SEE主宰の中島光行による特別バーを営業。


<取材協力>
Community Store TO SEE
住所:京都市中京区衣棚通竹屋町上ル玉植町244
電話:075-211-7200
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜日&不定休
www.t-o-s-e-e.jp



編集部
ページトップへ