ステラ マッカートニーが東京を舞台に日本女性の寓話を描く。ショートムービー「#StellaBy」

2017.10.15

ステラ マッカートニー(Stella McCartney)によるアーティストとのコラボレーションシリーズ「#StellaBy」から、ドイツ出身の映像作家マリー・シュラー(Marie Schuller)が手掛けた最新ショートムービーが公開された。

撮影の舞台となったのは東京。テーマは、独自のアイデンティティーを確立し統制を打破する、大胆な新しい時代の「日本女性の寓話」。映像では、日本の文化や日本らしいアイデンティティーに、‟反逆”や‟個性”といった要素を取り入れ、東京の街が生み出す強烈なエネルギーを独特の視点で捉えている。

キャスティングされたのは、モデルのチハル(Chiharu)とアヤ(Aya)を始めとする女性ダンサー。彼女たちは、ステラ マッカートニーの2017年秋冬コレクションのレディトゥウエアとアディダス バイ ステラ マッカートニー(adidas by Stella McCartney)の最新コレクションを身に纏い、一直線に並びながら協調した動きを見せる集団行動の場面から、モノグラムとともに表現した東京のナイトライフ、そこに潜む砂交じりの闇の中での反逆シーンへと移っていく。描かれているのは、既成の秩序から離脱し、街中を巧みに動きながら自らを開放する女性の姿。マリー・シュラー特有のエネルギッシュなストーリーテリングは、対峙するパワフルなイメージを通じて、ブランドの個性や現代の女性らしさを映し出している。

今回訪れた東京について「都市が効率的であることに心を奪われた」というマリー・シュラー。映像やストーリーを印象付けた最新コレクションについては、「洋服は素晴らしい動きと滑らかさがあって、今回の撮影にぴったりでした。レッドの色調はコレクションを通して重要な主題の一つ。意志の表明でありエネルギーを与えてくれます。とても革新的な色でもあるので、ダンサーたちの‟演じる自信”を大いに後押ししたと思います」と話していた。
Akiko Hanazawa
ページトップへ