加速するサカイのハイブリットスタイル【2018春夏ウィメンズ】

2017.10.09

阿部千登勢によるサカイ(sacai)の2018春夏ウィメンズコレクションショーは、パリのグラン・パレのホールを会場に発表された。

今シーズンは、1つのアイテムで幾通りにも着こなせるようなアイテムが多く登場。ショートスリーブシャツとロングスリーブシャツを合わせたものや、インナーのサスペンダーベルトによってビスチェのような着こなしのできるアイテムなどが見られ、レイヤードのように見せるトロンプルイユ的な表現となっていた。偶発的ではあったが、バレンシアガ(BALENCIAGA)も違うアイテムを合体させて1つの服にするアイデアを見せ、2つの注目ブランドが発表したことで、今後1つのトレンドになる可能性があるかもしれない。

得意の異素材ミックスは、プリンス・オブ・ウェールズチェックと迷彩を組み合わせたり、同系色のチェックを重ねたりと様々。同系色を合わせたものや、コントラストを付けた色合わせのものなど、色の遊びも春夏らしい爽やかなものになっている。

今シーズン特に目を引いたのが、パッチワーク的に見える小さなレースを幾重にも重ねたアイテム。それを甘くなり過ぎないように大きなジップを配したり、所々黒のテープでトリミングしている。また後半に登場した、近い色合いの異なるプリントをパッチワーク的に組み合わせたドレスも強烈な印象を残した。
Tomoaki Shimizu
ページトップへ