ライゾマ真鍋大度やジェームス・ホールデンが出演、音楽とテクノロジーの最前線を楽しむカナダ発のフェス「MUTEK.JP 2017」開催

開催日:2017.11.03-11.05
2017.10.02

東京お台場にある日本科学未来館で11月3日から5日まで、音楽テクノロジーを駆使した世界規模の文化&芸術の祭典「MUTEK.JP 2017」が開催される。

2000年よりカナダ・モントリオールでスタートした、世界最前線のデジタルアートとエレクトロニックミュージックによるフェスティバル「MUTEK」。デジタルクリエイティビティーや電子音楽、 オーディオビジュアルアートの創造性の開発、 文化芸術活動の普及を目的に、新たなライブエンターテインメントの提案に取り組み、これまでにメキシコシティーやバルセロナ、ブエノスアイレスなど、世界中の都市で開催し国際的な祭典として発展を続けている。

東京では2016年に「MUTEK.JP」が立ち上がり、同年11月には20組以上の国内外アーティストと音楽家を招いて、渋谷のWWW、WWW X、レッドブルスタジオ東京の3会場にて初開催された。アルヴァ・ノト(ALVA NOTO)ことドイツ人アーティストのカールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)や、マックス・クーパー(MAX COOPER)、 ダーシャ・ラッシュ(DASHA RUSH)など、 国際的に活躍する20組を超える国内外の音楽家やアーティストが参加し、延べ3,000名を越える来場者を記録した。

今回はお台場の日本科学未来館を舞台に、様々なデジタルアート、テクノロジー、ライブエンターテインメント、ワークショップなどさまざまなコンテンツが予定されている。ロンドンの鬼才ジェームス・ホールデン(JAMES HOLDEN)がツアーバンド、アニマル・スピリット(The Animal Spirit)を率いてオーディオ・ヴィジュアル・ショーケースにて出演する他、ベルリンを拠点に活動するミュージシャンでメディアアーティストのロバート・ヘンケ(Robert Henke)によるプロジェクトのライブセットも決定。他にも、世界各国のメディアアートイベントやフェスティバルにてパフォーマンスを披露する2人組ユニット、ノノタク(NONOTAK)や、国内屈指のメディアアート集団のライゾマティクス(Rhizomatiks)の中心人物である真大度(Daito Manabe)が今年開催されたバルセロナの「Sonar Festival」で『ニューヨーク・タイムズ』誌が選ぶベストアクトにも選出されたDaito Manabe & Nosaj Thingとして登場する。加えて、ダブスクワッド(DUB SQUAD)、フランチェスコ・トリスターノ(Francesco Tristano)、HVOB、インターシティエクスプレス(Intercity Express)など、8月にモントリオールで開催された「MUTEK」への出演で話題となったアーティストも出演する。加えて、4日の深夜に渋谷のWOMBでコラボレーションイベント「WOMB x MUTEK」が予定されている他、5日は同期間に都内各所で様々なイベントが行われている「Red Bull Music Festival」とコラボレーションし「MUTEK.JP x Red Bull Music Festival」が共同開催される。

なお、チケットは10月2日よりチケットキャンプ(https://ticketcamp.net)他、チケットインフォメーションに記載のサイトにて販売中。

【イベント情報】
「MUTEK.JP 2017」
会期:11月3日~5日
会場:日本科学未来館
住所:東京都江東区青梅2-3-6
時間:3日17:00~23:30、4日17:00~23:30(WOMB×MUTEK.JP は4日23:00~5日4:30)、5日18:00~22:00
料金:3日、4日は当日6,500円(前売5,500円)、5日は当日・前売TBA、3日間通し券1万3,000円(※チケットキャンプにて300枚限定3日間通し特別割引チケット9,800円あり)

ファッションヘッドラインが作成した出演アーティストを集めたプレイリストはこちらから。

上西@HEW
  • 2017年8月カナダ・モントリオールで開催された様子
  • 2017年8月カナダ・モントリオールで開催された様子
  • 「MUTEK.JP 2016」の様子
  • 「MUTEK.JP 2016」の様子
ページトップへ