大丸東京でゼニスのクロノグラフの歴史を紐解く「MASTER OF CHRONOGRAPHS」展を開催

開催日:2022.06.15-06.28
2022.06.09
ゼニス大丸東京店1階 イベントスペースにて『MASTER OF CHRONOGRAPHS』(マスター・オブ・クロノグラフ)ポップアップ2022年6月15日~28日まで開催いたします。


MASTER OF CHRONOGRAPH 展では4月にスイス・ジュネーブで開催された“WATCHES AND WONDERS GENEVA 2022 ”で発表され、話題のモデルとして注目されている最新作、クロノマスター オープンの展示、先行予約を承ります。高振動で時を刻むウォッチの心臓部を3色文字盤からご覧いただける、クロノマスター オープンの最新モデルにご注目ください。





「MASTER OF CHRONOGRAPHS」展は、50年以上にわたり機械式クロノグラフの発展に貢献してきた、ゼニスの輝かしい歴史と数多くの偉業を伝えるポップアップ エキシビションです。中でも、ウォッチメイキングにおいて最も複雑、かつ人気の高いコンプリケーションに絶えず革新を追い求めてきたゼニスのコミットメントに焦点を当てています。ゼニスは、世界初の高振動自動巻クロノグラフムーブメントとなる画期的なエル・プリメロ キャリバーを1969年に発表しました。それ以来、限界へのあくなき挑戦を続け、革新の精神を受け継ぎながら、さらにハイレベルな精度と性能を実現しています。卓越した自動巻クロノグラフに加え、ゼニスは1/10秒、1/100秒の計測を可能にする高振動キャリバーも世に送り出しています。

クロノグラフの世界にゼニスが名を残してきたのは、性能と精度だけではありません。先進的なムーブメントには、その創造性を強調するべく、類を見ない刺激的なデザインが与えられています。2003年、ゼニスは高振動で動くエル・プリメロ キャリバーの心臓部を外から見ることのできる、クロノマスター オープンを発表しました。これは、ウォッチメイキング史上初めて、文字盤の一部をスケルトンにし、調速機と脱進機を眺めることを可能にしたクロノグラフです。クロノマスター オープンは、大胆なデザインによって瞬く間に大きな人気を博しました。これまでに真似たものは多くあれど、匹敵するものは現れていません。一部スケルトンの文字盤は、クロノマスターコレクションの数ある時計の中でも、20年にわたり、圧倒的な人気を誇っています。

2021年には、1/10秒のクロノグラフ機能を備え、効率性を高めたエル・プリメロ 3600ムーブメントが発表され、象徴的なクロノマスター オープンに最新技術が組み込まれることとなりました。新しいクロノマスター オープンには、単なる改良以外にも、クロノマスターコレクションの最新世代ならではのラインと特性が取り入れられています。スポーティで洗練されたクロノマスター スポーツと、歴史を感じさせるクロノマスター オリジナルの要素を併せ持ち、ゼニスが誇るエル・プリメロ クロノグラフの神髄を現代的に昇華させたモデルです。

クロノマスター オープンの最新モデルは、1969年に発表されたアイコニックなA386の、ひと目でエル・プリメロと分かる3色文字盤のデザインを受け継ぎながら、スケルトンの透明感を表現しています。過去モデルでは、9時位置のスモールセコンドカウンター全体をカットアウトしていたのに対し、新モデルでは3色カウンターにヘサライト製の透明なエレメントを使用。サブダイヤルの視認性を確保しながら、星形のシリコン製ガンギ車を見ることができます。また、前モデルでは「フレーム」を取り付け、丸い開口部に面取りを施していたのに対し、開口部そのものにも改良を加え、より直線的なブリッジとコンテンポラリーなグレートーンのムーブメントを眺めることができるようになりました。

「MASTER OF CHRONOGRAPHS」展ではゼニスのクロノグラフの歴史を紐解く解説と共にゼニスが誇る自動巻きクロノグラフ ウォッチを多数ご紹介いたします。



MASTER OF CHRONOGRAPHS展
会期:2022年6月15日(水)~28日(火)
会場:大丸東京店 1階 婦人洋品側イベントスペース
東京都千代田区丸の内1-9-1
問い合わせ: 大丸東京店 10階 時計 ゼニスショップ
TEL.03-6895-2644


クロノマスター オープン
特長:1/10秒の計測と表示が可能な自動巻コラムホイール エル・プリメロ クロノグラフ。伝説のエル・プリメロムーブメントの心臓部が見えるオープンデザイン。シリコン製のアンクルとガンギ車。60時間のパワーリザーブを実現。秒針停止機構。
ムーブメント:エル・プリメロ 3604 自動巻
振動数:毎時 36,000 振動(5 Hz)
パワーリザーブ:約60 時間
機能:1/10秒計測のクロノグラフ機能。中央に時針と分針。9時位置にスモールセコンド、中央に10秒で1回転するクロノグラフ針、6時位置に60分カウンター、3時位置に60秒カウンター
仕上げ: サテン仕上げを施した新しい星形ローター
税込価格:236万5,000円(18KRG)、116万6,000円(ステンレススチール)
素材:18Kローズゴールドもしくはステンレススチール
防水機能:10 気圧
ケース:39.5mm
ブレスレット&バックル:ブルー カーフレザー ストラップ、ゴールド製トリプルフォールディングバックル(18KRG)、メタルブレスレット、ダブルフォールディングバック(ステンレススチール)



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ