銀座gggで浅葉克己個展、60年代から現代までのタイポグラフィー展示

2014.12.10

ギンザグラフィックギャラリーは、アートディレクター浅葉克己の個展「ASABA’S TYPOGRAPHY」を開催する。期間は1月9日から31日まで。

浅葉克己は広告デザインを得意としており、西武百貨店の「おいしい生活」や、サントリーの「夢街道」など数々の作品を手掛けている。これらの活動が評価され、過去には日宣美特選や日本アカデミー賞最優秀美術賞など、数々の芸術賞を受賞した。

会場ではタイポグラフィーを中心に、コラージュや掛け軸などの新作も幅広く展開。08年に開催された展示会「祈りの痕跡。」で発表された日記については、その後の展開も明らかにされる予定だ。


イベント情報】
ASABA’S TYPOGRAPHY
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
住所:東京都中央区銀座7-7-2DNP銀座ビル
会期:1月9日から31日
時間:11:00から19:00(土曜日は18:00まで)
休館日:日曜日、祝日
入場無料
HEW
  • 2000年「○△□展」
  • 2014「MISAWADESIGN BAUHAUS」
  • 1965年「国際具体詩展」
  • サントリー「サントリーオールド」
  • 西武「お手本は、自然界」
  • 1990年「TypographyInAsia」
  • 祈りの痕跡展「ASABA日記」
  • 2011年「MISAWADESIGN BAUHAUS」
  • 2011年 妙法自然展「行き続ける墨と書」
  • 2014年「ANDYとASABA」
  • 2014年「北斎漫画インスパイア展」
ページトップへ