森本千絵が三越伊勢丹の母の日ディレクション。母となるタイミングに生命の物語を表現

2015.03.17

伊勢丹新宿店は4月29日から5月5日まで「goen°plant planet by 森千絵―Hahaの木からBokuの木へ。語り継がれる物語―」を本館1階=ザ・ステージを中心に、同館各階で開催する。森本が描き出した愛情溢れる親子の世界を空間デザインと商品で表現する。

イベントでは、アートディレクターでコミュニケーションディレクターの森本千絵が監修した婦人服、雑貨品などのコラボレーションアイテムを展開。同期間伊勢丹新宿店の空間デザインを森本がディレクションし、コラボレーションアイテムと共に、母から子へと語り継がれていく物語を愛情溢れるクリエーションで表現していく。

同企画は、森本が描き下ろした“おかあさんのHahaの木が、こどものBokuの木におはなしの“は”をあげて育ててゆく”というストーリーが軸となる。お話を聞くのが大好きな“Boku”にフクロウ、涙、ポケット、仔などが登場する“大切なメッセージ”が込められた物語を“Haha”が語りかけていく。その物語に登場するキャラクターたちが、婦人服、雑貨、食品など幅広いアイテムに登場する仕掛け。

物語の世界観をイメージしたコラボアイテムは100アイテム以上にものぼる。ラインアップは、トートバッグ(3,600円)、ハンカチ(2,000円)など母の日ギフト好適品から、子供用ワンピース(7,900円)など幅広い。

また、三越伊勢丹グループ各店で4月22日から5月10日にかけて行われるマザーズデイキャンペーン“母の日は家族写真記念日”のキャンペーンビジュアルにも森本のアートを起用。森本とgoen°の仲間たちによる物語の絵がウインドウや店内各所を彩る。

今回のコラボについて森本は、「そもそも私が描きはじめたのは、母へのメッセージカードからだったかもしれません。母はいつもオリジナルの物語を私に語ってくれました。その贈りものは、想像力。現在も私の宝物です。今、私のお腹には赤ちゃんがいます。母への感謝と、未来の子供たちへ愛と想像力を語り継ぐため、親子の木の惑星を描かせていただきました」と語っている。

森本は“出逢いを発明する。夢をカタチにし、人をつなげていく。”を目的に活動する集団「goen°」の主宰。これまで、企業広告を始め松任谷由実などのミュージシャンのアートワーク、本の装丁、映画や舞台の美術など様々な活動を行ってきた。また、伊丹十三賞、日本建築学会賞、日経ウーマンオブザイヤー2012など、数多くの賞を受賞している。
大木@HEW
  • おかあさんのHahaの木と、こどものBokuの木
  • トートバッグ
  • トートバッグ
  • 「FIKA」のハッロングロトルのボックス
  • ハンカチ(各2,000円)
  • 森本の描き出す世界感を表現した商品も多数展開される
  • 森本千絵が三越伊勢丹の母の日ディレクション。母となるタイミングに生命の物語を表現
  • 「FIKA」のハッロングロトル
  • 「組曲」の子供用ワンピースは本館6階で展開
  • 「イー・エム」のイヤリング
  • 森本がデザインしたピンクのゾウ
  • アートディレクターでコミュニケーションディレクターの森本千絵
ページトップへ