グラマラス×ナチュラルな「グラムガーデン」スタイル。注目アイテムは“コーディガン”

2015.09.07

猛暑日続きだった今年の夏も、そろそろ終わりを迎え、いよいよ秋物をオンタイムで着用できるシーズンが到来した。この秋、どんなスタイルにチャレンジしようかと、頭を悩ませている人も多いはず。伊勢丹新宿店2階のアーバンクローゼットでは、時を超えて愛される“永遠の定番”である70年代スタイルをフィーチャー。その流れを汲んだ「グラムガーデン」をテーマとした秋のルックを紹介していきたい。

■グラムガーデンとは?

「グラムガーデン」とはグラマラスとナチュラルを合わせたキーワード。ディテールにフリンジやファーをあしらったり、ロング丈アウターやワイドボトムを組み合わせたコーディネートポイントだ。今シーズンは、キャメルを中心としたカラー構成で、ガーデンからイメージする牧歌的なイメージのフォレストグリーンを挿し色で加えている。

■きれいめスタイルの「グラムガーデン」を目指すなら

きれいめスタイルの「グラムガーデン」にトライするなら、ノースリーブのタートルニット(THE IRON/2万5,000円)と、レディ フォア ザ ウィークエンド(Ready for the Weekend/以下、RFW)のフリンジ使いのスウェードスカート(2万3,000円)を合わせたコーディネートに羽織るのは、この秋いち押しアイテムの“コーディガン”。“コーディガン”と命名された、コートとカーディガンの中間的な役割を果たす軽いアウターは、素材やディテールを変えて多くラインアップされている。

フリンジたっぷりの7分袖ブラウス(MIHOKO SAITO/3万円)にミモレ丈のラップスカート(THE IRON/3万7,000円)を合わせた、ナチュラルなルックも見逃せない。フェルト素材のハットをプラスすれば、秋らしい温もり感が表れる。

秋らしい素材のミックス感が楽しめるのは、ネップの利いたハイネックのノースリーブニット(SACRA/2万2,000円)にカーディガン(SACRA/2万9,000円)を羽織ったスタイル。パールネックレスやハットでアレンジを加えると、女性らしいグラマラスなルックが出来上がる。ミモレ丈のフレアスカートに合わせればエレガントに、クラッシュデニム(BLUEBIRD BOULEVARD/3万円)を合わせればぐっとモダンな印象になり、ボトムでがらりと印象を変えるのも特徴だ。

スタイリングの味方、セットアップで70年代スタイル

流行のセットアップアイテムも、70年代らしくアレンジ。7分袖のブラウス(RFW/2万3,000円)は裾にフリンジをあしらい、これに共布のテーパードパンツ(RFW/1万9,000円)をセットでコーディネート。日本の上質なポリエステル生地を使用したもので、透けのでないほどよい感やフェミニンな落ち感が、グラマラスな印象を引き立ててくれる。ハットやスカーフでワンポイントを添えれば、70年代らしいクラシックな着こなしが叶う。

■70年代を象徴するフェザーモチーフにも注目

70年代からイメージしたという、RFWオリジナルのフェザープリントを用いたシリーズにも着目したい。プリントにはスターマークがさりげなく隠れており、ロックな気分も味わうことができる。チュニックブラウス(RFW/2万1,000円)には今季のトレンドアイテムであるデニムバギーパンツ(RFW/1万9,000円)を合わせて、ナチュラルなガーデンのエッセンスをプラス。

イレギュラーなヘムラインが動きを加えるグラマラスなロングスカート(RFW/2万3,000円)には、「グラムロック」をイメージしたリタジーンズトーキョー.とのコラボTシャツ(RITA JEANS TOKYO.×RFW/8,000円)とギンガムチェックのシャツ(RFW/1万7,000円)をスタイリングに、コーディガン(RFW/2万9,000円)をプラスして。

■母娘のお揃いアイテムも気になるところ

また70年代を象徴するフェザーからインスピレーションを得て鳥のイラストをプリントした、ボンディングワンピース(TOKYO DRESS×RFW/2万3,000円)も見逃せない。ベロア素材でパイピングを施しているため、秋らしい表情が窺える。プリントはアナスイ(ANASUI)のイラストなどでも知られるイラストレーターの小岐須雅之が手掛けた。リタジーンズトーキョー.とのコラボTシャツやボンディングワンピースはキッズサイズも用意され、親子でペアルックが楽しめるのも嬉しい。

70年代のグラマラスなスタイルは、誰にでもチャレンジしやすい素材やディテール、シルエットバランスが特徴だ。着こなしの中に70年代のエッセンスを加えて、自分なりの秋スタイルを楽しむのはいかがだろうか。
畑 麻衣子
  • グラマラス×ナチュラルなグラムガーデンスタイルに注目
  • フリンジを2重に重ねるなど、ディティールの細やかな配慮が嬉しい
  • フリンジたっぷりの7分袖ブラウス(MIHOKO SAITO/3万円)にミモレ丈のラップスカート(THE IRON/3万7,000円)を合わせた、ナチュラルなルック
  • オリジナルのフェザーモチーフを使ったアイテムも、母娘でコーディネート可能
  • 程よい落ち感が心地よいフリンジブラウス(2万3,000円)とテパードパンツ(1万9,000円)
  • このシボ感が大人ナュラルなシルエットを生む
  • フード付きのスウェットタイプのコーディガンは、細い糸を引きそろえたスウェット素材。柔らかさがあり、ヴィンテージのような雰囲気を醸し出してくれる
  • スカートはイレギュラーなヘムラインがポイント
  • こちらもコーディガンを羽織ったリラックススタイル
  • 母娘でペアスタリングを楽しめるボンディングワンピース
  • レディ フォア ザ ウィークエンドのブランドタグ
ページトップへ