フランク ミュラーが創業30周年を記念した特別企画展を東京・芝の大本山増上寺で開催

開催日:2022.04.20-04.24
2022.04.05

2022年に創業30周年を迎えたスイス機械式腕時計ブランドフランク ミュラー>は、日本でのアニバーサリーセレブレーションを記念し、フランク ミュラーと特別な縁を持つ志野流による“香道の世界”展とともに特別企画展を開催いたします。独立時計師時代にフランク ミュラーが手掛けWORLD PREMIRE<世界初>を達成したアーカイブモデルをはじめ、30年という時間の中で成し遂げた進化を象徴するタイムピースをご覧いただける、またとない機会となっております。

「複雑時計の巨匠」をはじめ、賛辞をこめた様々な異称で呼ばれる天才時計師フランク ミュラー。特に、懐中時計の複雑機構であったトゥールビヨンを腕時計に組み込み、その進化形を休むことなく発表し続けていることは特筆に値します。約200年前の発明であるトゥールビヨンが現在、もっとも人気の高い複雑機構であることには、フランク ミュラーの貢献が見逃せません。また同時に注目されたのが、誰も見たことのない造形と意匠です。トノウ カーベックスは、複雑さとは異なる別の魅力として人々を虜にしました。1920年代のトノウ型を三次元の世界に引き上げ、球体から切り出したような曲面を駆使したケースは、時計デザインのレベルを進化させました。誰をも納得させる複雑時計の技術と、ひとの心の琴線に触れる美的感覚。異なる領域の2つの魅力は、30年を経た今も、フランク ミュラーの新鮮さを保ち続けています。

志野流香道は、室町幕府 足利八代将軍 義政公に仕えた初代 志野宗信(1443-1523)が創始した流派で、炷香(ちゅうこう)の精神と作法を、幾多の困難な時代を越え、現代に至るまで途切れることなく継承してきました。現在は、パリ、ボストン、上海などを含め、国内外に200カ所以上もの教場を開設し、香道によって、人と人、国と国を繋げたいという想いのもと、世界平和と人々の心の安寧を祈りつつ活動を続けています。2019年の夏、来日したフランク ミュラーは志野流香道に触れる機会を得ました。室町時代より500年もの間継承されてきた志野流香道の精神と作法に触れ、特別の縁を感じたことから、今回日本での企画展開催にいたりました。


さらに、フランク ミュラー ウォッチランド グループであるバックス & ストラウスが誇る“至高の輝き”を体感いただける企画展も同時開催いたします。歴史と伝統が物語る厳選されたダイヤモンドと、そのカッティング技術の融合で生み出される『ダイヤモンドを最も美しく見せる為の腕時計』を展示いたします。やはり、バックス & ストラウスも、ロイヤル ブランド アンバサダーに就任されている英国王室のマイケル オブ ケント王子殿下、そして、バックス & ストラウス CEOを務めるヴァルケス カナジャンが、2019年に京都にて、志野流香道を体験する機会を得ています。

ぜひこの機会に、フランク ミュラー ウォッチランドグループの特別なセレブレーションをご覧ください。




【特別企画展】
『フランク ミュラー30周年を祝す”時”、そして、志野流香道500年の歴史が刻む”香り”が織りなす時間』

会期:2022年4月20日(水)~24日(日)
時間:平日/11:00から15:00 土日/10:00から16:00
会場:東京 芝/大山増上寺 宝物展示室前ホワイエ(大殿地下1階)
入場料:一般700円(税込) ※徳川将軍家墓所拝観とのセット券1,000円(税込)



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ