村上隆の脳内を覗き見!400点のコレクションをスーパーフラットに展示する大規模展

2015.12.13

村上隆の現代美術作品を中心としたコレクションを展示する大規模展覧会「村上隆のスーパーフラット・コレクション―蕭白、魯山人からキーファーまで―」が、16年1月30日から4月3日まで横浜美術館にて開催される。

村上隆は、平面性や装飾性といった造形的な意味のみに限定されるものではなく、時代やジャンル、既存のヒエラルキーから解放された個々の作品の並列性、枠組みを越えた活動を示す「スーパーフラット」という理念のもとに芸術活動を行い、世界のアート界に新たな概念をもたらした現代美術家。また、アーティストとしての精力的な創作活動の一方で、キュレーター、ギャラリスト、プロデューサーなどの活動も展開している。

同展では、村上が独自の価値観で厳選し、収集した5,000点を超える村上隆のコレクションの中から、約400作品を展示。地域や流派といった既存のカテゴリーに分けて作品を展示するのではなく、感覚的、または機械的に並列することで、「スーパーフラット・コレクション」の意味について考えていく。

中でも「村上隆の脳内世界」のセクションでは、グラフィティー絵画からアンティーク家具、陶製のビールジョッキ、ペタンクの玉などがカオティックに展示され、まるで村上隆の脳内を覗いたような不思議な体験をすることが出来る。「彫刻の庭」セクションのグランドギャラリーでは、大型彫刻やインスタレーションを展示。アンゼルム・キーファーや、奈良美智の作品も登場する。

日本を始めとした東洋陶磁や近代陶芸、江戸期の書画や資料類が陳列される「日本・用・美」セクションでは、北大路魯山人や、曾我蕭白らの作品から村上隆の美の根源を探索する眼差しをたどる。「1950-2015」セクションでは、村上隆のコレクションの中でも主要とされる1950年代から現在までの国内外のアート作品を披露。アンディ・ウォーホルや、荒木経惟、篠山紀信、ホルスト・ヤンセン、ダミアン・ハースト、フリードリッヒ・クナス、畠山直哉らの作品がほぼ制作年に沿って淡々と展示される。

その他、「スタディルーム&ファクトリー」セクションの参加型作品や映像インスタレーション作品は、価値の創造や成立、労働と対価などについて考察することが出来る。

【イベント情報】
「村上隆のスーパーフラット・コレクション―蕭白、魯山人からキーファーまで―」
会場:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
会期:16年1月30日~4月3日
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:木曜日(※16年2月11日は開館)
HEW
  • 村上隆とスーパーフラット・コレクション
  • 奈良美智《ハートに火をつけて》 2001年 
  • 荒木経惟《センチメンタルな旅》 1971年(2015年プリント)
  • アンゼルム・キーファー 《メルカバ》 2010年 
  • 曾我蕭白《定家・寂蓮・西行図屏風》 江戸中期
  • 北大路魯山人《織部 四方鉢》 昭和時代
  • 白隠慧鶴《いつみても達磨》 江戸中期
  • フランク・ベンソン《ジュリアナ》2015年 
  • フリードリッヒ・クナス《スターライト・ウォーカー(星明りの散歩)》2011年 
  • 村上隆とスーパーフラット・コレクション
ページトップへ