フィンランドの姉妹デュオ・ミミットが語るフィンランドのクリスマスの過ごし方【INTERVIEW】

2015.12.22

フィンランドの人気姉妹デュオ・Mimmit(ミミット)。日本に短期間住んでいたこともあるという日本通の二人に、フィンランドのクリスマスの過ごし方、そして音楽について聞きました。

ーお二人の故郷・フィンランドではどのようにクリスマスを過ごすのでしょうか?

私たちの故郷・フィンランドのカレリア地方のクリスマスシーズンは、雪景色がとても美しい季節。私達の母が料理上手で、クラフトを教えていたりもしたので、クリスマスは家を飾り付けて、色々な料理を用意し、家族で過ごしてきました。フィンランドでは、24日のクリスマスイブ、25日のクリスマス、その翌日の26日と3日間、クリスマスのお祝いをするのが習わし。我が家はちょっとユニークで、26日にはお寿司をべていたのよ。

ーフィンランドでお寿司ですか?

実は、私(ハンナマリ・妹)は10年くらい前に、彼と高円寺に住んでいたことがあって、お寿司も好きなんです。姉のパウリーナも20年程前、東京藝術大学で数ヶ月、琴を勉強していたこともあるんです。

来日ライブでも、琴のようなシルエットの楽を演奏されていましたね。あれは、なんという楽器なんでしょうか?

琴のような弦を肩にかけて演奏していたのは、フィンランドの伝統的な楽器で「カンテレ」といいます。

ー今年の三越伊勢丹グループのクリスマスキャンペーンソング「LETKIS JENKKA」を歌うミミットのお2人ですが、今後の活動について教えていただけますか?

今回は6日間と短い来日期間でしたが、日本橋三越本店での店頭ライブもとっても楽しかったです。曲に合わせて躍ってくれたお客さんもいて、いい雰囲気でしたね。フィンランドに戻ったら、すぐ翌日からライブです。子供達にむけて演奏することになっています。

ーミミットの2人の衣装には、動物や草花のモチーフがデザインされていて、伝統的なフィンランドの風景を思わせますね。お2人のオススメのクリスマスソングはありますか?

フィンランドのクリスマスソングにも、動物たちのクリスマスを歌った曲があってお気に入りです。

【Mimmit(ミミット)プロフィール】
フィンランドの伝統文化が色濃く残るカレリア地方ラーキラ出身の、Pauliina Lerche (パウリーナ・レルヒェ)と Hannamari Luukkanen (ハンナマリ・ルーカネン)による姉妹ユニット。フィンランドでは2人をモデルにしたアニメ番組が放送されるなど国民的人気を誇る。今回の来日では、スカイツリーや浅草合羽橋を訪ね、パウリーナは娘に浴衣をお土産にしたと教えてくれた。
編集部
  • フィンランド出身の姉妹デュオ・ミミット
  • 来日時には、日本橋三越本店で店頭ライブも行った
  • 来日時には、日本橋三越本店で店頭ライブも行った
  • 姉のパウリーナ(左)と、妹のハンナマリ(右)
ページトップへ