アンダーズ 東京、冬限定のあったかメニュー。アイルランドやハンガリーなどEU各地の「ウィンターシチュー」

2015.12.25

アンダーズ 東京が16年1月から2月の間、冬期限定メニューを展開する。

インダイニング「アンダーズ タヴァン」では16年1月4日から28日まで、ヨーロッパ各地の味が楽しめる「ウィンターシチュー」が登場する。こちらはフランスの「ビーフのブルゴーニュ風」(3,000円)、「ロブスターのブイヤベース」(5,500円)、オーストリアの「鹿のラグー」(3,200円)、ハンガリーの「チキン パプリカッシュ」(2,400円)、アイルランドの「アイリッシュシチュー」(2,600円)といった各国のシチューに、自家製のブレッドダンプリングを添えたものとなっている。

また、カフェ&バー「BeBu(ビブ)」では16年1月4日から2月29日まで、「スイスチーズフォンデューナイト」を開催。スイスの伝統的な料理であるチーズフォンデュを独自にブレンドしたチーズで楽しむことができる「チーズフォンデュー キルシュ ファームブレッド&インカポテト」のほか、エビとチキンの唐揚げやソーセージの盛り合わせ、シェフこだわりのバラエティ豊富なタパスも用意される。

このほか、「ルーフトップバー」では16年1月6日から2月13日まで、スコットランド、アメリカ日本といった国内外の酒造家とコラボした稀少なウイスキー約70種類が登場する「ウィスキーライブ」を開催。「サントリー 知多」(1,850円)や「ワイルドターキー ライ」(1,850円)、「シーバスリーガル 18年」(2,500円)などをそろえた。
HEW
  • 「ウィンターシチュー」
  • 「スイスチーズフォンデューナイト」
  • 「ウィスキーライブ」
ページトップへ