新宿伊勢丹で「マニアな」北海道展開催。パンで北海道巡り

2015.01.31

伊勢丹新宿店は2月4日から9日まで、北海道グルメを中心に紹介する物産展「大北海道展」を同店館6階催物場で開催する。今回同店では敢えて“北海道のマニアなパン”に着目。パンコーディネーター推奨のパンから、地元パン通が選ぶベーカリーまでを紹介する。

札幌を拠点にパンの魅力を発信し、パンコーディネーターとしても知られる、森まゆみが北海道中からパンを集めた“北海道パンマルシェ”コーナーは、パン愛好家必見。地元の知る人ぞ知るドーナツ&ベーグル専門店「ふわもち邸」(札幌市)のドーナツ(246円)や「ソーケシュ製パン」(喜茂別町)のパン・ド・セーブル(513円)、「ベーカーズテラス689(baker's terrace 689)」(恵庭市)のノワゼットフロマージュ(709円)など、同店初登場のマニアなパンが一同に会する。

「プルマンベーカリー(Pullman Bakery)」(札幌市)からは、帆立のホワイトカレーパン(241円)が各日100点限りで販売される。衣のカリっとした感にホワイトカレーのクリーミーな口どけ。その中には帆立がころりと入っている味わいが地元で人気という。同じく、札幌に店を構える「ブーランジェリーポーム(boulangerie Paume)」のヴィアンドゥ(511円)は、パンの中にじっくり煮込んだ白老(しらおい)牛のビーフシチューが詰め込まれており、ワインとの相性も抜群だそうだ。

十勝平野の広大な敷地に小麦畑とベーカリーカフェを持つ「麦音(むぎおと)」(帯広市)は、とかちポワローとマッシュルームのピッツァ(1,500円)で初出店。生地には十勝産小麦「キタノカオリ」を使用し、濃厚な旨みのマッシュルーム「とかちマッシュ」と「とかちポワロー(西洋ネギ)」がピッツァにトッピングされている。パン職人による実演も行われるので、あつあつピッツァを堪能できる。

もちろん、北海道展なのでパンだけではない。北海道物産展の“得意分野”である海鮮も充実している。前評判が高いのは、「鮨処 竜敏」(札幌市)の うに三昧味比べ(2,800円)。200点限定のプレートで、生うに、炙りうに、うにの粕味噌漬けなどが手鞠サイズの握りでサーブされ、デザートには“うにチョコ”まで登場する。

スイーツでは小樽の「ル・キャトリエム(Le quatrieme)」の愛のプディングケーキ(372円)がオススメ。NHK連続テレビ小説『マッサン』で注目されている竹鶴政孝氏の妻リタのレシピをもとにウイスキーを効かせてアレンジしたスコットランド伝統のケーキだ。
編集部
  • 北海道展会場の様子、今回会場では“パン”にフォーカスしている
  • 北海道展会場の様子、今回会場では“パン”にフォーカスしている
  • 北海道展会場の様子、今回会場では“パン”にフォーカスしている
  • 北海道展会場の様子、今回会場では“パン”にフォーカスしている
  • 「ル・キャトリエム」の愛のプディングケーキ
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • 北海道展会場の様子
  • パンコーディネーター森まゆみ氏による“北海道パンマルシェ”のイメージ。(一番手前)「ふわもち邸」のドーナツ、(一番左)「ソーケシュ製パン」のパン・ド・セーブル、(一番奥)「ベーカーズテラス689」のノワゼットフロマージュ
  • 「プルマンベーカリー」の帆立のホワイトカレーパン
  • 「ブーランジェリーポーム」のヴィアンドゥ
  • 「麦音」のとかちポワローとマッシュルームのピッツァ
  • 「ル・キャトリエム」の愛のプディングケーキ
  • 「鮨処 竜敏」のうに三昧あじ比べ
  • 「北海工房」の海鮮弁当
  • 「イオリ(IORI)」の限定コラボ味噌ラーメン
  • 「六花亭」のプレミアム25
  • 「アリスファーム」の余市の焼きりんごマフィン
  • 「小樽洋菓子舗ルタオ」のハスカップブルーベリータルト
  • 「ボーノポルポ」のサンマのアヒージョサンドウィッチ
  • 「エレゾ社」のエゾ鹿のパニーニ
  • 「麦音」の十勝ブレッド
  • (左上)「フロマージュ・ドール」のシャンパンカマンベール“きら星”、(左下)「鮭匠ふじい」の活〆時しらず鮭スモーク“ピート使用”、(右)「橋本食品」の北海道産カキのオリーブオイル漬け
  • 「エレゾ社」のエゾ鹿ロースト
ページトップへ