器で楽しむ冬の食卓。ミナペルホネン皆川明による「雪の器」展。和カフェも併設

2014.12.10

西麻布のギャラリー「ル・べイン」で12月9日より「雪の」展が開催されている。

今年が4回目の開催となる皆川明と安藤雅信のコラボレーション企画展では、“雪の器”をテーマにや器などを展示する。皆川明はファッションブランドミナ ペルホネン(mina perhonen)」のデザイナーで、家具テーブルウエアなどのインテリアデザインも手掛ける。一方、安藤雅信は日常食器と茶胴部、彫刻的な作品も製作するアーティスト。今回発表された作品は皆川が安藤の工房に直接出向き、耐熱性の生地に雪をモチーフとする文様を描いた。

また、オリジナルのキャンドルタンド、ガラス食器などのアイテムも展示される。卓で冬を楽しむヒントが見つかるかもしれない。

併設の茶房「souen」では期間中、雪景色をイメージした茶菓子や、冬に咲き誇る花畑をイメージした飲み物を提供。またミナ ペルホネン特製の巾着とブレンド茶も販売される。

イベント情報】
皆川 明+安藤 雅信 「雪の器」展
会期:12月9日から24日まで
会場:ギャラリー ル・べイン
住所:東京都港区西麻布3-16-28
時間:11:00から19:00
料金:無料
休館日:月曜日
HEW
  • 皆川明と安藤雅信のコラボレーション企画展「雪の器」展
ページトップへ