体から顔、髪や歯磨きにも。創業186年のマルセイユ石けん「ランパル ラトゥール」【INTERVIEW】

2014.08.07

フランスの伝統製法でつくられたナチュラルソープブランド「ランパル・ラトゥール(Rampal Latour)」の石けんが人気を集めている。2012年に日本でも販売を開始し、百貨店などを中心に取り扱われているこの石けんブランドは、1828年、ランパル家の家業としてランパル・ラトゥールがマルセイユで設立、1907年よりプロヴァンスに拠点を移し、国から「マルセイユソープ」の認証を受けて5代に渡り製造を続けている。

マルセイユソープとはルイ14世によって厳しい製造基準が定められたフランスの伝統製法によってつくられた石けんの総称で、その名前を名乗るには国の認証が必要とされている。ランパル ラトゥールで人気の「エクストラピュア マルセイユソープ 72%」もその内の一つだが、認証を受けた商品を扱うのはフランス国内では数社しかないという。

5代目まで続いたランパル ラトゥールのビジネスを買い取り、ランパル ラトゥール社のCEOとして敏腕を振るうのが、ジャン・ルイ・プロット(Jean-Louis PLOT)氏だ。氏は食品関係の企業で7年間化学の技術者として勤め、経営学博士号(MBA)も取得。当時87歳で後継者を探していた5代目のランパル氏と出会い、その石けんの魅力にまたたくまに引かれ、オーナーとなることを決めた。

氏を最も引きつけたのは、その製造工程から生まれる質の高さだった。「“BIO”オーガニック オーバルソープやラフィネ ラウンドソープは、(石けんの原料を)固めて、削って水分を飛ばし、固めて、削って水分を飛ばし…という工程を6回繰り返すことで純粋な成分を圧縮して出来上がった超高級品。この固めて削ってという作業を3回繰り返した製品でも高級品とされているのに、それを6回も行うことで密度を高くしたこの石けんは、より長く持ちますし、最後まで形が崩れません。また、最後の1滴まで香りもしっかり残ります」。

その原材料にもこだわりがある。「“オーガニック”と謳っている製品は世の中にたくさんありますが、楕円形が目印の「”BIO”オーガニック オーバルソープ」は、エコサート認証を受けた製品。エコサートという第3の認証機関がテストをして条件をクリアした製品にのみ与えられるもので、100%天然香料、100%植物オイルを使っており、化学香料、動物性オイル、パラベン、防腐剤は一切使っていません」と胸を張る。

「植物オイルを豊富に使っているので、保湿効果が高く、乾燥肌の人にはとてもいいです。日本でも、サンプルで使っていただいたお店が次の日に発注をかけてくださるなどとても反応が良いです」とプロット氏。

更に、この石けんは髪から歯にも使用できる。「歯磨き粉としては、「エクストラピュア マルセイユソープ」の『オリーブオイル』がベスト。うちの製品は昔から時代を通して使われてきたオールマイティな定番品。『絶対体にはいいからおじいちゃん家に行ったら必ず置いてある』といった感覚のものなのです」

最後に、日本の夏におすすめのアイテムを聞くと、「「ラフィネ ラウンドソープ」の『バーベナ』」との答えが返ってきた。「バーベナはプロヴァンスで6から8月の夏の盛りに咲く花で、レモンみたいな柑橘系の爽やかな香り。『ラベンダー』も夏の花で、リラックスさせる効用があります。子ども向けには『ピーチ』のような柔らかめの甘い香りがおすすめです。ただし、匂いにつられて食べないように(笑)。「”BIO”オーガニック オーバルソープ」では、『クレイ&バーベナ』がクレイを配合しているので皮脂をすっきり流したい人におすすめです」。
奥麻里奈
  • ランパル ラトゥール社CEO ジャン・ルイ・プロット氏
  • エクストラピュア マルセイユソープ 72%
  • 180年以上に渡り愛されてきた「ランパル・ラトゥール」のナチュラルソープ
  • "BIO"オーガニック オーバルソープ
  • ラフィネ ラウンドソープ
  • マルセイユソープスクエア 150g×4set GIFT BOX
  • エッセンシャルソープフレーク(洗たく用石鹸) 1.5g
  • ラフィネ レクタングルソープ 100g×4set
ページトップへ