Passarella Death Squadのダニーがロンドンで個展開催

2014.08.04

ロンドンを拠点に活動するイギリス人アーティスト、ダニー・パサレラ(Danny Passarella)の展覧会「ファンタジー シーンズ バイ ダニー・パサレラ(FANTASY SCENCE BY DANNY PASSARELLA)」が8月3日までロンドンで開催された。

イギリス北西部出身のダニー・パサレラことダニー・ブロドル(Danny Broddle)は、ロンドンに移り住んだ数年後の2004年に、カルト的な人気を誇ったファッションブランド「パサレラ デス スクワッド(Passarella Death Squad)」を、エミリー・アルビサ(Emilie Albisser)と共に立ち上げ、ヨーロッパを中心に著名百貨店やセレクトショップにて販売。アーティスティックなグラフィックTシャツで一躍有名となった人物。

2007年にはパサレラ デス スクワッドとして音楽活動を開始、 LPレコードを発売すると『ヴァイスマガジン(VICE MAGAZINE)』を始めとするカルチャー誌を中心に、大きな反響と評価を得た。更に、ユアン・ピアソン(Ewan Pearson)やダニエル・エイヴリー(Daniel Avery)など、クラブ業界の大物DJらとも競演を果たした。10月には、新しいレコードの発売も予定している。

そんな多彩に活動するダニーの今回の展覧会は、彼自身にとって初めてのファインアートプロジェクト「ファンタジーシーンズ(Fantasy Scenes)」。彼の作った音源をBGMに、ロンドンらしいレンガの風合いの残るギャラリーの壁に並ぶのは、デジタル加工された写真作品。あるはずの無い場所に置かれた昔ながらのゲーム機、最新の印刷加工技術で表現されるレトロな色感やネオンが、不思議な違和感を感じさせる。

本展のオープニングイベントにはダニー本人も訪れ、「日本のセレクトショップ、スーパーエーマーケットがアートピースをバイイングしてくれたんだ。海を越えて、大好きな日本の人達に楽しんでもらえることをとても嬉しく思う。いずれは日本にすべてのアートワークを持って行き、展覧会を開催したい」と日本のファンに向けてメッセージを送った。

また今後について「もっと洋服にフォーカスした作品作りをしていきたい。今回の『ファンタジーシーンズ』のアートピースもTシャツに出来たらと考えている」と話す。制作前にもかかわらず、既に世界的に有名なセレクトショップからラブコールが掛かっているという。

更に、現在は15SSコレクションで新しくスマートカジュアルなルックをイメージした新たなレーベルを企画しているとのこと。デニムやコットンを始め日本のファブリック使用し、イギリスで生産される予定。「レーベル名は『ケンペス(Kempes)』。これからコレクションをもっと拡大し、是非日本のショップでも展開して行きたいと思っている」と明かした。


【イベント情報】
FANTASY SCENES BY DANNY PASSARELLA
場所:Forge & Co
住所:154-158 Shoreditch High Street London, E1 6HU
会期:7月25日から8月3日まで
時間:11:00から19:00 
入場無料
Yukari Inatomi
  • Fantasy Scene #10
  • Fantasy Scene #5
  • Fantasy Scene #1
  • Fantasy Scene #3
  • ダニー・パサレラ
  • 展覧会「ファンタジー シーンズ バイ ダニー パサレラ」開催
ページトップへ