村松亮太郎手掛けるアートデリ&レストラン、代々木上原にオープン

2014.08.03

東京駅プロジェクションマッピングや新江ノ島水族館「ナイトアクアリウム」の演出を手掛けた村松亮太郎率いるネイキッドが初プロデュースするデリ&レストラン「ナインストーリーズ(9STORIES)」(東京都渋谷区元代々木町22-3)がオープンした。

「ワールド フュージョン エクスピリエンス(World Fusion Experience)」をコンセプトに、世界の雑貨やインテリア、ハーブキャンドル、グリーンをベースとした植栽が並ぶ滞在型リゾートのような空間を演出。ディナータイムには季節のテーマに合わせたネイキッドの最新アート作品を定期的に発表する。

料理監修は代々木上原のビストロ「メゾンサンカントサンク」のオーナーシェフ・丸山智博が担当し、フレンチのエスプリをプラスした和とエスニックのフュージョン料理を提供。多国籍デリが常時8種用意され、それぞれ好みのデリ1品とのセットで海南チキンライス1,300円、サバサンド1,200円。カフェタイムには「ジンジャーガトーショコラ」などのオリジナルケーキやスイーツ、ディナータイムには「砂肝のコンフィと香草サラダ ポーチドエッグ」などのフュージョン料理を世界のビールやワインと共に楽しめる。

コーヒー監修は「サードウェーブ」コーヒーブームの先駆者として知られるコーヒー専門店「猿田彦珈琲」が行い、カフェラテ(570円)などがラインアップ。「グリーンカレー」(800円)などのテイクアウトメニューもそろう。

村松氏は「ナインストーリーズは僕の考える『コト』作りを凝縮したひとつの『場』。空間演出から食のケータリングまでをパッケージ化したサービス、多国籍デリのテイクアウトなどここでしか味わえない様々な『体験』を楽しんでほしい」とコメントを寄せる。
くまがいなお
  • ネイキッドプロデュースのナインストーリーズ、代々木上原に誕生
  • ネイキッドの村松亮太郎
  • メゾンサンカントサンクの丸山智博
ページトップへ