人気のウルトラファンデがユニークなメッシュコンパクトに。ランコムから高機能クッションファンデーションが登場

発売日:2022.02.11
2022.02.01

世界最大の化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社のラグジュアリー化粧品ブランドランコム」から、ウルトラファンデ*¹の美しい仕上がりを時短で演出する、ユニークなメッシュタイプの高機能クッションファンデーション「タンイドル ウルトラ ウェア スキンフィット メッシュクッション」が2022年2月11日より発売いたします。

「ウルトラファンデ」として愛されるタンイドル ウルトラ ウェア リキッドは、24時間*²ロングラスティング。軽いつけ心地と高いカバー力を両立し、毛穴や色ムラ、シミをカバーするのに、近くで見ても厚塗り感のないナチュラルな仕上がりを叶えます。
そんな殿堂入りをW受賞したウルトラファンデ*¹の良さを受け継いだクッションファンデーションで、まるで素肌のような自然で美しい仕上がりをスピーディーに、そしてテクニックレスで手に入れて。メッシュクッションは、忙しくても美しさを叶えたい貴方の味方。


ユニークな「メッシュクッション」登場! 1日中*²美しさ続くカバー力、呼吸するような心地よさを時短で。


進化した「タンイドル ウルトラ ウェア スキンフィット メッシュクッション」は、カバー力・ラスティング力・プロテクションの3つの機能が同時にパワーアップ。うるおい成分*³も新たに配合し、快適なつけ心地が長時間持続します。また、コンパクトの機能性もアップし、薄く柔軟性のあるメッシュ素材のフィルターを採用。パフへのつきが良く、しっとり乾きにくい仕様に。ユニークなスポンジ形状によりで、小鼻や目元など細部まで美しく仕上げることができます。

さらに、コンパクトのデザインも一新。従来品よりも25%薄いパッケージで、よりスタイリッシュになりました。ファインジュエリーの様なエレガントなビジュアルは、メイク直しをする姿も美しく演出。メイクをしたり、バッグに入れて持ち運んだりするのがよりいっそう楽しみになりそう。


【製品情報】
製品名:タンイドル ウルトラ ウェア スキンフィット メッシュクッション
税込価格:ケース+レフィル 8,250円(税込)

レフィル 6,600円(税込)
パフ2個入り 1,100円(税込)

【全国発売】
2022年2月11日(金)

【シェード】
全5色(BO-02,B-01, PO-01,PO-02,PO-03)

【UVカット効果】
SPF40・PA++

*1 タンイドル ウルトラ ウェア リキッドのこと。
*2 ランコム調べ。個人差があります。最長の場合において。
*3 うるおい成分:ビタミンE、パンテノール(整肌成分)、ヒアルロン酸Na、グリセリン(保湿成分)

■日本ロレアルについて(http://www.nihon-loreal.jp/)
ロレアルは1963年から日本で事業を開始し、1996年に日本法人である日本ロレアル株式会社が設立されました。 2020年末時点での社員数は、2,491人、2021年12月現在の取り扱いブランドは18です。
化粧品の輸入、製造、販売、マーケティングを行っています。

■ランコムについて(https://www.lancome.jp)
日本ロレアルが有する人気高級ブランド。
1935年、ランコムは、先見の明を備えたパイオニア、アルマン・プティジャンにより、フレンチ エレガンスの精神とテイストを世界中に伝えることを目指して創立され、瞬く間に美の真髄を体現するブランドへと成長しました。ランコムは今、かつてないほど、すべての女性たちが、年齡や肌の色に関係なく、自らの美しさと女性らしさを開かせ、その魅力を最大限に発揮できるよう願っています。

ランコムは135ヵ国で事業を展開し、世界各国の販売店で約2万人のビューティードバイザーたちが、洗練されたサービスとブランドを象徴する製品をお届けしています。ランコムは、科学の専門知識と女性のニーズを叶える想いをひとつに融合させ、スキンケア、メイクアップ、フレグランスが互いに補完しあうユニークなイノベーションを創造し続けています。

ランコムは、全ての女性が自信を持って輝き、より幸福な未来を切り拓けるように応援しています。この考え方を広く伝えるため、ランコムはこれまでカリスマ性と大きな成功を手に入れた以下の女性たちにブランドの代弁者をお願いしてきました。ジュリア・ロバーツ、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、リリー・コリンズ、テイラー・ヒル、イザベラ・ロッセリーニ、テイラー・ヒル、ゼンダイヤ・コールマン、アマンダ・サイフリッド。

NGO団体「Care(ケア)」とのパートナーシップにより、ランコムは、グローバル規模の支援プログラム「Write Her Future」をスタートしました。この取り組みは、世界各国における女性の識字(リテラシー)率向上を目指しており、日本においては2021年9月にデジタルリテラシー向上を目指すプロジェクトを開始しました。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ