ピアジェが新作スパイ・アクション映画「355」とのウォッチ&ジュエリーパートナーシップを発表

2022.01.24
ピアジェは、これまで50年以上に渡りエンターテインメント業界との関係を築いてきました。映画スターやセレブティの間で圧倒的な存在感を放つウォッチジュエリーメゾンとして名声を確立したピアジェは長年に渡りインディペンデント・スピリット賞のパートナーを務め、クリエイティブな才能にあふれる人材をサポートするとともに、映画製作の支援も行ってきました。

この度ピアジェは、映画産業への貢献と、アカデミー賞(R)にノミネートされた経歴を持つジェシカ・チャスティンとのパートナーシップを祝し、豪華女優陣が競演するユニバーサル・ ピクチャーズの新しいスパイ・アクション映画『355』( 原題: The 355)日本公開 2022年2月4日)のウォッチ&ジュエリーパートナーを務めました。

©Courtesy of Universal Pictures
<作品のストーリー
極秘兵が傭兵の手に渡り、CIAのエージェント、“メイス” メイソン・ブラウン(アカデミー賞(R)ノミネートのジェシカ・チャスティン)は、ドイツ人エージェントのマリー(『女は二度決断する』原題: In the Fade)で主演を務めたダイアン・クルーガー)、 MI6の元エージェントで最先端コンピュータースペシャリストのハディージャ(アカデミー助演女優賞(R)受賞のルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの優秀な心理学者グラシエラ(アカデミー 助演女優賞(R)受賞のペネロペ・クルス)とチームを組み、世界を破滅に導く極秘兵器の奪還に挑みます。一方、チームの 動きを追跡し、先を読む謎の女性リン・ミ・シェン(『X-MEN: フューチャー& パスト』(原題: X-Men Days of Future Past)のファン・ビンビン)も登場し…。

パリカフェ、モロッコの市場、華やかな上海のオークションハウスなど、世界を舞台に死と隣り合わせのアクションを繰り広げる4人の女性。彼女たちは、世界を守るため次第に絆を深めていきます。

©Courtesy of Universal Pictures
共演は『ガール・オン・ザ・トレイン』(原題: The Girl on the Train)のエドガー・ラミレスと『アベンジャーズ/エンドゲーム』(原題: Avengers: Endgame)のセバスチャン・スタン。監督は、ジャンルを超えた映画作品で定評のあるサイモン・ キンバーグ(『X-MEN: ダーク・フェニックス』(原題: Dark Phoenix)の脚・製作・監督、『デッドプール』(原題: Deadpool)と『オデッセイ』(原題: The Martian)の製作、X-MENシリーズの脚本と製作を担当)。脚本は、テレサ・レベック(NBCのテレビドラマ『SMASH』や映画『TROUBLE』の脚本)とサイモン・キンバーグが務めます。『355』は、ユニバーサル・ピクチャーズとフィルム ネーション・エンターテインメントの共同製作で、チャステインが運営する映画制作会社「Freckle Films」のケリー・カーマイケルと「Kinberg Genre Films」のサイモン・キンバーグ とともに、チャステイン自身がプロデューサーを担当。製作総指揮はリチャード・ヒューイット(『ボヘミアン・ラプソディ』(原題: Bohemian Rhapsody))が務めます。

©Courtesy of Universal Pictures
©Courtesy of Universal Pictures
©Courtesy of Universal Pictures
©Courtesy of Universal Pictures
ピアジェは『355』のウォッチ&ジュエリーパートナーとして、アイコニックな「ALTIPLANO」や「POSSESSION」を始め、豪華なハイジュエリークリエイションを提供しています。作品の中で俳優たちが身につけているクリエイションは、映画界で活躍する衣装デザイナー、ステファニー・コーリー(『エンド・オブ・キングダム』(原題: London Has Fallen))により、登場人物のキャラクターに合わせて1つ1つ慎重に選ばれました。この作品では、ピアジェが大切にしているサヴォアフェールと独創的なスタイルをご覧いただけます。

フィルムネーション・エンターテインメントは、イギリスを除く各国で映画製作や配給に携わっています。

https://youtu.be/TZr8jHJP7pI


https://www.universalpictures.com/movies/the-355
https://355-movie.jp/

#Piaget
#the355movie


©Piaget 2021不許複製・禁無断転載

商品に関するお問合せ
ピアジェ コンタクトセンター
0120-73-1874

ピアジェ オフィシャルサイト
www.piaget.com/jp-ja
www.twitter.com/piaget
www.instagram.com/piaget
www.youtube.com/user/Piaget
https://lin.ee/p77qv8V



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ