日比野克彦らが六本木アートナイトの舞台裏を公開

2013.12.25

2014年4月19日、20日に開催される「六本木アートナイト2014」に関連する企画として、同イベントがオープンするまでの制作プロセスを公開する「六本木アートナイトスクール」が1月より開催される。

第5回目を迎える「六本木アートナイト」の新しい試みで、開催の3ヶ月前、2ヶ月前、1ヶ月前のタイミングで準備の様子を公開。同イベントのアーティスティックディレクターを務める日比野克彦、参加アーティストやキュレーター、スタッフたちがパネラーとして参加する。

来年1月10日に開催される「テーマの作りかた」では、「六本木アートナイト」の企画はどのように進行しているのかについて、日比野を中心としたプロジェクトチームが語る。2月20日の「コンテンツの街への組み込みかた」では、選ばれたアーティストによる具体的なプログラムを”どのように街中で展開させていくのか”を解説。また、主要スタッフが集合し、イベントの見所について語る「今年のアートナイトの楽しみかた」も、全プログラムが決まり、細かい調整の時期にあたる来年3月19日に開催される。

六本木アートナイトは、「生活の中でアートを楽しむ」ライフスタイルの提案と、東京における「街作りの先駆的モデル創出」を目的として2009年より開催されている。現代アート、デザイン、音楽、映像などの多様な作品が街中に展開し、昨年は延べ83万人が来場した。同イベントに参加するには、WEBかFAXによる事前申込が必要となる。

【イベント情報】
六本木アートナイトスクール
会場:国立新美術館 講堂
住所:東京都港区六本木7-22-2国立新美術館3階
日時:
第1回「テーマの作りかた」2014年1月10日 18:00から19:30
第2回「コンテンツの街への組み込みかた」2014年2月20日 14:00から15:30
第3回「今年のアートナイトの楽しみかた」2014年3月19日 14:00から15:30
料金:無料
Maki Ushitora
  • 六本木アートナイトのアーティスティックディレクターの日比野克彦
  • 六本木アートナイト2014は2014年4月に開催
ページトップへ