1月15日はコシノヒロコの誕生日です

2014.01.15

ファッションデザイナーの小篠弘子は1937年1月15日生まれ。大阪府岸和田市出身。母の小篠綾子、妹の小篠順子、小篠美智子、娘の小篠ゆまは、4人ともファッションデザイナーである。

高校卒業後に上京し、文化服装学院に入学。在学中に、N.D.Cデザインコンクール第1位を受賞した。61年から、銀座小松ストアー(現ギンザコマツ)のヤングレディースコーナー専属デザイナーを務め、自身のブランドも設立した。64年に大阪心斎橋にオートクチュールアトリエを開設し、77年から東京コレクションに参加している。

78年にローマのオートクチュールコレクション「アルタ・モーダ」に日本人として初めて参加し、「イタリアン・ハーパーズ バザー」誌で特集が組まれるなど、センセーショナルなデビューを飾った。82年からパリ・プレタポルテコレクションに参加、84年には中国・上海で日本人として初めてコレクションを発表した。自身のブランドの他に、高校の制服やプロ野球球団のユニフォームデザインも手掛けたことがある。

学生時代に美術を学んでいたため、アーティストとしても活動している。書画や絵画を手掛けており、定期的に個展も開催。2012年9月に、銀座の並木通りにアートギャラリー「KH ギャラリー」をオープンした。現在は2月23日まで、現代美術アーティスト・黒田アキとコラボレーションした展覧会「黒田アキ『宇宙庭園=コスモガーデン』+小篠弘子」を開催中。
編集部
  • 「ヒロココシノ」09SSコレクションショーに登場した小篠弘子
  • 作品の前に立つ小篠弘子
  • ヒロココシノ 14SSコレクション
  • ヒロココシノ 14SSコレクション
ページトップへ