行列必至のサロン・デュ・ショコラ、セレクションボックスは驚きの仕掛け付き

2014.01.16

国内開催12回目を迎えるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ(Salon du Chocolat)」。人気のショコラティエのチョコが1箱に詰められた贅沢なセレクションボックスは初日に真っ先に行列ができる毎年恒例の人気企画だ。

2014年のセレクションボックスは5種のタイプが登場。イベントテーマ「La Magie ショコラの魔法」のもと、ショコラを取り囲む幻想世界を表現した「セレクション・ラ・マジ」(7,350円)は、ジャン=ポール・エヴァン、セバスチャン・ブイエ、ジャン=シャルル・ロシュー、ファブリス・ジロット、パティスリー・サダハル・アオキ・パリなどM.O.F.(国家最優秀職人賞)を中心とした豪華15名が参加。ボックスは魔法使いに扮した彼らが飛び出してくるユニークな仕様。

新企画として、サロン・デュ・ショコラ発祥の地・フランスの豊かなテロワール(風土)を改めて見つめ直す「オリジン・フランス」(5,250円)が登場。フランク・ケストナー、アルノー・ラエール、クリスティーヌ・フェルベールらフランスを代表するパティシエ・ショコラティエ10名が参加したボックスでは、カシスやローズマリーなど、フランスらしい食材を使用したボンボンショコラ10種が楽しめる。パリ・サロン・デュ・ショコラの主催者、フランソワ・ジャンテが描いたエッフェル塔がデザインされたボックス入り。

その他、パリのサロン・デュ・ショコラオフィシャルBOX(2,940円)を始め、日本人には根強い人気の鉄板アイテム・ミルクチョコレートを集めた「セレクション・レ」(3,990円)や、東日本大震災の被災地への想いが込められた「チャリティBOX」(2,625円)がラインアップ。昨年のチャリティBOXには漫画『失恋ショコラティエ』作者・水城せとな書き下ろしのイラストが描かれ話題となった。今年のチャリティBOXには、「子供たちのチカラ」をテーマに、人気イラストレーター・泰間敬視によるオリジナルのイラストが描かれている。

なお、サロン・デュ・ショコラの一部アイテムは、イベントに先駆け、1月15日よりインターネットで注文できる。
編集部
  • 初日に完売がでるほど毎年人気のセレクションボックス
  • セレクション・ラ・マジ(7,350円、15個入)*一人5点限り
  • オリジン・フランス(5,250円、10個入)*一人5点限り
  • チャリティBOX(2,625円、6個入)*一人5点限り
  • 今年のチャリティBOXは、人気イラストレーター・泰間敬視、書き下ろしによるもの
  • セレクション・レ(3,990円、9個入)*一人5点限り
  • パリ・サロン・デュ・ショコラ限定セレクションボックス(2,940円、9枚入)
ページトップへ