9月30日はマリオン・コティヤールの誕生日です

2014.09.30

女優のマリオン・コティヤール(Marion Cotillard)は1975年9月30日生まれ。フランスパリ出身。

俳優として活動する両親の影響を受け、幼い頃から舞台に立つ。オルレアン国立高等演劇学校を首席で卒業すると、16歳で映画デビュー。98年公開のリュック・ベッソン(Luc Besson)監督作品『TAXi』では、主人公の恋人リリー役を演じ、セザール賞有望若手女優賞にノミネートされた。

その後は『TAXi』シリーズの続編などのフランス映画に出演し続け、03年公開のティム・バートン(Tim Burton)監督作品『ビッグ・フィッシュ』でハリウッドデビュー。翌年には再びフランスに戻り、ジャン=ピエール・ジュネ(Jean-Pierre Jeunet)監督作品『ロング・エンゲージメント』に出演すると、セザール賞助演女優賞を受賞した。

以降も数多くのフランス映画に出演していたマリオンは、07年公開の『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』に出演。フランスを代表するシャンソン歌手のエディット・ピアフ(Edith Piaf)の悲劇的な生涯を演じ切ると、その演技が絶賛されてアカデミー賞の他、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞など数々のタイトルで主演女優賞を受賞。特に、アカデミー賞ではシモーヌ・シニョレ(Simone Signoret)に続く、フランス人女優として史上2人目の主演女優賞受賞者となる快挙を果たした。

これらの功績が評価され、10年にはフランス芸術文化勲章を受賞している。13年には映画情報サイト「TC Candler」が主宰する「世界で最も美しい顔 100人」の第1位にも選ばれた。また、「ディオール(Dior)」では、08年からアイコンバッグのミューズを務めており、数々のキャンペーンビジュアルに出演。パーティーなどでもディオールのドレス姿で登場している。

私生活では03年に公開された『世界でいちばん不運で幸せな私』で共演したギョーム・カネ(Guillaume Canet)と交際。11年に長男マルセルを儲けている。また、環境問題に関しても熱心に取りこんでおり、環境保護団体グリーンピースのメンバーとしても有名。
HEW
  • マリオン・コティヤール
  • マリオン・コティヤール
  • マリオン・コティヤール
ページトップへ