九谷焼「錦山窯」の新作展、代官山で開催。110年継承される意匠と技に、新たな価値を創造

2016.05.07

九谷焼「錦山窯(きんざんがま)」の新作展「Re - 受け継がれる錦山窯の心髄 -」が、5月27日から29日まで東京代官山の代官山ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラムで開催される。

昨年に続き2回目となる同展では、錦山窯のアーカイブ商品である「OLD KINZAN」の文様を選び直し、新たなデザインに落とし込んだという新作プレートとボウルを中心に展示される。この展覧会のタイトル名にある「Re」には、返信を意味する「reply」であると同時に、受け継がれてきた技の質を継承し、そこに新たな価値を与える創造的作業「redesign」という意味も込められているという。

今回展開される新製品のうち「リム(Rim)」は、錦山窯の飾皿に縁取られる模様と料理のコラボレーションが楽しめるプレートとボウルで、内側は九谷の淡いグレー色の素地をそのまま残しており、フォークやナイフでも使うことができる。飛び跳ねる鯉の姿が生命のたくましさを感じさせる「跳鯉図の皿」から創造した「Water Eye」、山々から上る朝日の光がモチーフの「White Bless」、濡れたような赤を背景に花のアラベスク文様を描いた「Red Arabesque」の3パターンが用意されている。

また、四季折々の花々が百花繚乱に咲き乱れる大皿「フォーリングフラワー(Falling Flower)」シリーズの新作も登場。薔薇、木槿、紫陽花、躑躅が天から舞い落ちてくるかのようなデザインに仕上げられている。の地色には今ではほとんど使われることのないテレピン叩きという技法が用いられており、アプリコット、ターコイズ、ココアの3色で展開される。

同展初日となる5月27日は、1部(14時から15時)、2部(16時から17時)でオープニングイベントを開催。錦山窯の新作でプレート トキオ(plate tokyo)によるプレートメニューワインとともに楽しむことができる。

【イベント情報】
「Re - 受け継がれる錦山窯の心髄 -」
会場:代官山ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラム
住所:東京都渋谷区猿楽町18 - 8 ヒルサイドテラスF棟
会期:5月27日~29日
時間:11:00~20:30(5月29日は18:30まで)
HEW
  • リムプレート(左)Water Eye、(右)Red Arabesque
  • リムプレート(下の皿から) Water Eye、White Bless、Red Arabesque
  • リムプレート
  • リムプレート White Bless
  • フォーリング フラワープレート
ページトップへ