ファッション業界人おすすめ東京手土産5選【和菓子編】

2015.08.15

季節のご挨拶や帰省などでお手土産を用意する機会も多くなるこの時期に頭を悩ます人も多いはず。そんな時には、ファッション・ビューティ業界関係者が太鼓判を押す“東京手土産”をご参考に。街の人に愛される伝統の味からモダンに進化したスタイルまで、TOKYOらしい5つの和菓子を紹介する。

絶えぬ行列、原宿で長年愛される「瑞穂」の豆大福

某イタリアレザーブランドのウィメンズPRマネージャー・Yさんが推す、東京・原宿の和菓子店「瑞穂」の豆大福。ぽってりとふくよかな豆大福は、手に持った瞬間から伝わる柔らかさが特徴。きめ細やかな餅には程よく塩気の利いた小倉が練りこまれ、滑らかな舌触りで甘すぎないこし餡がたっぷり包み込まれている。「人気店なので、早めにお店に行かないと売り切れてしまうことも...」(Yさん)

創業100年以上の名和菓子店「うさぎや」のどらやき

ブランドのPRやプランニングを手がけるアイハイト(eyehight)の堀内明さんが推薦する「うさぎや」のどらやき。「たくさんあんこが詰まっていて、どっしりと重く、少し歪んだ形がまた素朴でいいなと思います」(堀内さん)惜しげも無くたっぷりと詰められたなめらかな粒餡、さくっとした歯切れのよさを引き出した皮の焼き加減、餡の甘みを引き立てるほんのり優しい蜂蜜の風味など、随所に美味しい緻密な計算が感じらる一品だ。

モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子

美容ジャーナリストの渡辺佳子さんが推薦するのは、HIGASHIYA(ヒガシヤ)の「ひと口菓子」。「包装、形、しつらい、味まで、オリジナリティにあふれる和モダンの世界が、他にはない存在です」と渡辺さん。まるでチョコレートのように繊細で美しく、小振りで可愛らしい。そして口に運べば、その凡庸でない風味にきっと驚くはずだ。

昭和初期に考案、ウイスキーにも合う老舗「御菓子司 中里」の揚最中

FASHION HEADLINEでディレクターを務める横山達也のおすすめは、東京・駒込にある「御菓子司 中里」の揚最中。胡麻油で揚げ、伊豆大島の焼き塩を振った煎餅のように丸く厚みのある最中で、北海道十勝産の小豆を練り上げた粒餡をサンドした、通常の“最中“とは一風変わった斬新な一品。

削ぎ落とされたシンプルさ。矜持を感じる「たちばな」のかりんとう

ファッションジャーナリストの横井由利さんが推薦する、「たちばな」のかりんとう。「“食べる前から美味しいに決まっている!”を感じさせる」と横井さん。たっぷりと飴掛けされた外側はつやつや。ポピュラーなかりんとうの見た目はそのままに、口に運ぶと驚くほど軽やかで洗練された口当たりが特徴だ。
編集部
  • 「瑞穂」の豆大福
  • 「うさぎや」のどらやき
  • 「HIGASHIYA」のひと口菓子
  • 「御菓子司 中里」の揚最中
  • たちばな」のかりんとう
ページトップへ