アメリカ人が丹精を込めて作り上げる“梅干し”。ピクルスブランド「Ozuke」

2015.08.23

日本の食卓に欠かせない、梅干し。その伝統に魅了され、会社まで立ち上げてしまった2人の女性たち。「オズケ(Ozuke)」はアメリカ・コロラド州のボールダーで11年に設立された。

発端は日本料理のシェフとしてキャリアをスタートしたマーラ・キング(Mara King)が退職し、その後、仕事がなかなか見つからなかった時期に、偶然にも同じ名字を持つウィロウ・キング(Willow King)と出会ったことから始まった。彼女たちは意気投合し、数週間に一度キッチンに集まり、共に様々な実験を行ってきたのだという。

その実験とは当初チーズやサラミなどを作っていたそうだが、次第にマーラのキャリアから親しみのあった発酵食品やザワークラウトが中心となった。その後、2人は「オズケ」を設立。家族や友達を楽しませるために始めたことが、設立から数年で従業員も抱えるほどの立派な会社へと成長した。2人は、ここまでうまくいったのもボールダーが自然食品の盛んな地域であり、コミュニティが知識やアドバイスを惜しみなく分け与えてくれたからだと語っている。

「オズケ」のリリースした「Umeboshi」は、日本のいわゆる「梅」ではなく、より甘くフルーティなカルフォルニア産のプラムを使用。西洋人の味覚にとって日本の梅干しの味は馴染みのないものであるため、より親しんでもらえるように、という気配りからだそう。味付けは日本の梅干しと同じく酸っぱく、しょっぱく仕上げられているそうだ。レモンのピクルスのようだ、という感想をよく聞くのだとか。

現在の商品のラインナップは「Umeboshi」の他に、「Kim Chi(キムチ)」やチェリーを漬けた斬新な「Cheriboshi(チェリボシ)」などが用意されており、どれも可愛らしいデザインが施されたラベルの貼られたビンに詰められている。

最後に日本に向けてメッセージを、とマーラにお願いすると快諾してくれた。「『オズケ』は世界中のピクルスの伝統にインスパイアされているけど、日本の食べ物やその伝統からの影響がものすごく大きいってことを知っておいてほしいわ。あと、納豆を発明してくれた日本には本当に感謝しているわね…私の大好きな食べ物なの!」。

※本記事は (引用元:http://ozuke.com/)に許可を得て、翻訳・執筆を行っております。
hirokoike
  • アメリカ発の梅干し、Ozukeの「Umeboshi」
  • マーラ・キング&ウィロウ・キングが立ち上げたピクルスブランド「Ozuke」
  • マーラ・キング&ウィロウ・キングが立ち上げたピクルスブランド「Ozuke」
  • マーラ・キング&ウィロウ・キングが立ち上げたピクルスブランド「Ozuke」
  • マーラ・キング&ウィロウ・キングが立ち上げたピクルスブランド「Ozuke」
  • マーラ・キング&ウィロウ・キングが立ち上げたピクルスブランド「Ozuke」
  • マーラ・キング&ウィロウ・キングが立ち上げたピクルスブランド「Ozuke」
  • マーラ・キング&ウィロウ・キングが立ち上げたピクルスブランド「Ozuke」
ページトップへ