スマホで立体になる衣服。AR×ファッションのアプリをパーソンズ卒カイル・グアンが開発・リリース!

2016.10.15

「Pokemon GO」の出現により最近耳にすることが多くなった「AR技術」(Augmented Reality=拡張現実)。その技術を衣類に用いたコレクションが登場した。開発したのはニューヨーク・パーソンズ美術大学の卒業生である、カイル・グアン(Kailu Guan)だ。

KG PROJECTという名で展開されるコレクションはスマートフォンなどのデジタルデバイスを使用し、専用アプリを介して作品をカメラで写すと、設定されたアニメーションやパターンが衣類に出現するというもの。衣類の生地にスクリーンプリントされた特定の部分が「トリガー」となりアプリが認識し起動するという仕組みなのだそうだ。プリントされたドット柄が動き出したり、スパイク状のデザインが突如出現したり、模様が現れては消えたりとその多彩な表現はユーザーに新鮮な4D体験を与えてくれる。

作品の素材にはスウェード、オーガニック・コットンやウールが使用されており、カイルが語るには伝統的なテキスタイルとデジタルなテキスタイル、それらを組み合わせたものを表現したかったのだという。

KG PROJECTの目標はデザイナーたちの自己表現を拡大させ、AR技術を用いて消費者に大きな感動を与えることで、カイルはこれから更にウェアラブル・テクノロジーとAR技術の研究に取り組んでいく予定とのことだ。

※本記事は (引用元: http://www.kailuguan.com/) に許可を得て、翻訳・執筆を行っております。
hirokoike
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
  • Kailu Guan KG PROJECT
ページトップへ