ジュリアン・デイヴィッド路面店で八丁堀のギャラリー・プラグマタがインスタレーション

2016.10.23

東京・八丁堀のアートギャラリー・プラグマタが11月15日まで、ジュリアン・デイヴィッド(JULIEN DAVID)の旗艦店(東京都渋谷区神宮前2-7-15)でポップアップインスタレーションを実施している。

プラグマタのインスタレーションは、同店では2回目のこと。今回は漫画やアニメにインスピレーションを受け展示タイトルを「グラフィック・ストーリー」と題し、陶芸家の田中啓一と島田篤の陶芸作品を見せている。日常の生活で使われるものということを常に意識して作品制作を行っているという田中啓一の作品では、昔の民家や農家の壁に道具や民具がかかっている風景をイメージして制作された花器や、日々の食卓で使われることを考え使いやすさや料理を盛ったときの見栄えなどが意識された食器、15世紀から16世紀頃にヨーロッパで盛んだったファイアンスの柔らかく滑らかな質感を意識した白い釉薬の器などが展開される。
HEW
  • ジュリアン・デイヴィッドの旗艦店でプラグマタがポップアップインスタレーションを実施
  • ジュリアン・デイヴィッドの旗艦店でプラグマタがポップアップインスタレーションを実施
  • ジュリアン・デイヴィッドの旗艦店でプラグマタがポップアップインスタレーションを実施
ページトップへ