純和風の空間にカリフォルニアのスタイルを取り入れた料理。銀座交詢ビルに新たな美食体験を楽しめる割烹料理店がオープン

2021.07.19
“California to table”~多様な文化が入り混じるカリフォルニアのエッセンスを割烹料理へ~

季節の食材そのものから得た自然の味わいを最高の状態で提供することはもちろん、多様性を受け入れ、さまざまな文化を大胆に取り入れてきた、カリフォルニアのスピリットも一緒にテーブルにお届けしたいと考えています。食を通じて、こうでなければならないという既成概念を超えていく面白さをゲストに体験していただくべく、素材、技術、道具、など細部にわたりこだわり抜いて準備しています。黒部シェフが生み出す、日本とカルフォルニアの伝統とエネルギー溢れるお料理をご堪能ください。


【プロフィール】
黒部 慶一郎 Keiichiro Kurobe

1985年ニューヨーク生まれ。5人兄弟の3人目として育ち、多忙な母親を実家のキッチンで手伝い、料理に親しみながら育つ。小学校高学年の時に日本に戻り、中学、高校はインターナショナルスクールに通いつつ、16歳のときに両親の紹介されたイタリアンレストラン「BICE TOKYO」で働き始める。2005年にサンフランシスコに渡り、Campton Placeで、現在はイレブンマディソンパークを率いる伝説のシェフ、ダニエル・ハムに出会う。その後、Ame at the St.Regisを経て2010年Luceに移り、後にミシュランの3つ星を持つ米国で唯一の女性シェフとなるドミニク・クレンの下で、エグゼクティブ・スー・シェフを務める。2014年に、フロリダ州ディアフィールドビーチにあるロイヤルブルースホテルChansonのエグゼクティブ・シェフに就任。ここでフロリダ州初のRelais &Chateuxを受賞。その後ロサンゼルスに戻り、日本のエッセンスを取り入れたカリフォルニア料理で有名なHinoki & the Birdでエグゼクティブ・スー・シェフを勤める。2018年にエグゼクティブ・シェフとしてBlackshipを開店し、L.A.Timesにて「ロサンゼルスで最も興味深いレストラン」と評価された。2021年に帰国し、7月に満を持して銀座にCali style ORYOURI YUZAN KEIICHIRO KUROBEをオープン。日本とアメリカを行き来しながら育った黒部シェフの料理は、日本料理の優雅さにカリフォルニアのエッジのきいた味付けやプレゼンテーションが加わった、繊細でありながら遊び心のあるスタイル。純和風の空間に、カリフォルニアのスタイルを取り入れた料理で、新たな驚きのある美食体験を提供する。カウンター越しに、シェフとインターナショナルな会話が楽しめるのも魅力。


TKGアランチーニ

スズキ
土鍋
<<ある日のメニュー>>

"テパチェビール"
パイナップルと黒糖を使った自家製ビール

TKGアランチーニ
卵かけご飯をモチーフにしたシェフのシグニチャーディッシュ

帆立貝
パッションフルーツと柑橘でさっぱりと仕上げたタルタル


カリフォルニアで好まれるメキシカンのアクアチリを用いてフレッシュに

トマト&カンパーニュ
アメリカの初期移民文化でもあるイタリアンに和の調味料をとり入れて

スイートコーン
ネイティブアメリカンの伝統料理Succotash(夏野菜のシチュー)をインスピレーションに

万願寺とうがらし
L.A.の思い出、トルコ料理ビベルドルマスのオマージュ

ニヨッキ
シェフの好物でもある二ョッキを和風カレーソースで

スズキ
スズキをレモンバーム薫るニューアメリカンスタイルで

アオリイカの土
イカ墨のパエージャーをイメージしたパンチのある土鍋ご飯

和牛(お好みで追加)
お好みでお選びいただける和牛をシンプルにグリルして、スモークポテトとともに

メロン
かき氷、ミントシャーベット、ナタデココ

ストーンフルーツのババトースト
ブリオッシュ、カスタード



【店舗情報】
店名:Cali style ORYOURI YUZAN KEIICHIRO KUROBE(カリ スタイル オリョウリ ユウザン ケイイチロウ クロベ)
カテゴリー:カリフォルニア料理(Californian cuisine)
住所:東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル4F
電話:03-3289-2050
席数:20席(カウンター12席、個室4席×2)
営業時間:ディナー 17:30~21:00(LO)ランチ(土日祝のみ)11:30~13:30(LO)
※時短要請期間中の営業時間は、都の要請時間に応じます
※ランチタイム、緊急事態宣言期間中は7月21日から平日もランチ営業致します
定休日:月・火曜日
メニュー:ディナー(水~日)Grand California Tasting Menu ¥13,200(和牛プラスで¥17,600)、ペアリングドリンク ¥8,800~
ランチ(土日祝のみ)Weekend Brunch Course 8,800円、(和牛プラスで¥11,000)、ペアリングドリンク 5,500円~
オープン日:2021年7月15日(木)
HP:http://nikuyuzan.com
ぐるなび:https://r.gnavi.co.jp/p2zgc37j0000/
一休:https://restaurant.ikyu.com/109109/
instagram:@ginza_yuzan
取材問い合わせ:info@fls.jp

【運営元】
株式会社FLSコーポレーション



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
  • TKGアランチーニ
  • 鯛
  • スズキ
  • 土鍋
  • 店内
  • 黒部 慶一郎  Keiichiro Kurobe
  • 黒部 慶一郎  Keiichiro Kurobe
ページトップへ