ワールド・ブレックファスト・オールデイ新メニューはブラジルの朝ごはん

2014.05.02

世界各地の朝食メニューべられる表参道カフェレストランワールド・ブレックファスト・オールデイWORLD BREAKFAST ALLDAY)」が、5月8日から“ブラジル朝ごはん”の提供をスタートする。

“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプトの同レストラン。定番のイングリッシュブレックファスト、ミューズリー、そして2ヶ月ごとに変わる特集メニューという3種類の朝ごはんメニューが1日中食べられる。現在の“ブルガリアの朝ごはん”に続き、5・6月は7ヶ国目となるブラジルの朝ごはんを特集。ブラジルの伝統的な朝食メニューである「カフェ・ダ・マニャン」が登場する。

ブラジルならではのパン「ポン・フランセース」にモルタデーラハムやサラミ、モッツァレラチーズをサンド。これをパパイヤなどたっぷりのフルーツと一緒に食べるのが「カフェ・ダ・マニャン」。そのほか、キャッサバ芋を使ったもちもちのパン「ポン・デ・ケージョ」やトウモロコシ粉のケーキ「ボーロ・デ・フバ」、ミナスチーズにグアバフルーツから作ったゴイアバダを重ねて食べる「ロミオとジュリエット」、フルーツと牛乳をミックスした朝の定番ドリンク「ビタミーナ」などのメニューも用意する。

6月に行われるワールドカップの開催地であるブラジル。ワールドカップに向けてブラジルのことを知る絶好のチャンスかも。
大木@HEW
  • 「カフェ・ダ・マニャン」 1,296円
ページトップへ