シャンパンを注げば華やかな大人のフロートに。アマン京都で涼を味わう「マスクメロンのかき氷」

2021.06.27
マスクメロンのかき氷
アマン京都 (京都北区大北山鷲峯町) は、京都・洛北の森の庭に佇むプライベートリゾートです。この夏、ザ・リビング パビリオン by アマンに「マスクメロンかき氷」が再登場。凍らせたメロンの果を削ったかき氷。ひとくち頬張れば、シャクシャクした食感とともにメロンそのものの味わいが広がります。メロンをくりぬいたは、見た目も華やか。コロンと丸く絞られたかわいらしい和三盆のクレームシャンティや、下に隠れているタヒチ産バニラのアイスクリームと一緒に、上品な甘さと滑らかな口どけをご堪能ください。半分ほど食べたあとはシャンパンを注いで、大人のフロートに。夏の森の庭を眺めながら、ひんやり格別の爽涼感をお楽しみください。

マスクメロンのかき氷

マスクメロンのかき氷
期間:7月1日(木)~ 9月30日(木)
価格:6,000円 (税・サービス料込み)
<シャンパン追加オプション>
グラス アンリジロー エスプリ ナチュール
+3,200円 (税・サービス料込み)
ハーフボトル クリュッグ グランド キュヴェ
+3万2,000円 (税・サービス料込み)
電話:075-496-1335 (レストラン予約 )
ウェブ:https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-kyoto/dining/living-pavilion-aman
※事前のご予約をお願いいたします ※一日のご提供数に限りがございます
※ビジターのお客さまにおける単品注文は午後3時または午後3時半のご予約となります
※ランチ、ディナー、アフタヌーンティーコースの追加デザート(+5,300円)としても承ります
※自治体の要請によりアルコール提供時間や条件等が変更となる可能性がございます。最新情報はお問い合わせください

アマン京都について
2019年11月に開業したアマン京都は、京都の北、左大文字山から続く鷹峯三山の麓に息づく、密かな森の庭に佇むプライベートリゾートです。約2万4千平方メートルの広い敷地内には、アライバル棟、リビング棟(オールデイダイニング)、レストラン棟(日本料理)、天然温泉を備えるスパ棟、そして、24室からなる客室棟と2つのパビリオン棟が森の庭に溶け込むように点在しています。隠れ家のようなアマン京都のモダンな建築と、時を経てなお凛と残る庭が織り成す景観で、より奥深い古都の魅力に触れる滞在をご提供いたします。

ザ・リビング パビリオン by アマン
アマンについて
アマンは、プライベートな邸宅にいるかのような心温まるもてなしと、常に小規模であること、そして美しさの際立つラグジュアリーで非日常的な体験のできるプライベートなリゾート・コレクションとして1988年に創設されました。そのコンセプトは、初のリゾートとして誕生したプーケット島のアマンプリ(平和なる場所)から、世界へと発信されていき、現在、アマンは、20のデスティネーションにて33軒のリゾートを展開し、新たに8軒が建設段階にあります。次の開業はアマンニューヨークを予定しています。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
  • マスクメロンのかき氷
  • マスクメロンのかき氷
ページトップへ