美術家・中村ケンゴが新宿伊勢丹で展示会、“顔文字”絵画シリーズの新作登場

2015.10.08

美術家の中村ケンゴによる展示会「中村ケンゴと中村ケンゴと」が、10月14日から20日まで、伊勢丹新宿店本館5階のアートギャラリーで開催される。

中村ケンゴは大阪府生まれの美術家。マンションの間取り図や漫画の吹き出し、キャラクターのシルエットなどの現代社会を象徴するモチーフを使ってユニークな絵画を製作している。15年には掛川市二の丸美術館で個展を開催した。

今回開催される「中村ケンゴと中村ケンゴと」では、顔文字をモチーフにした絵画シリーズ「心文一致」の新作が登場するほか、東京では未発表の作品も出展される予定。10月17日、18日(各日午後2時から午後2時30分まで)にはアーティストガイドツアーが実施される。

【イベント情報】
中村ケンゴと中村ケンゴと
会場:伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリー
会期:10月14日~20日
営業時間:午前10時30分~午後8時まで(最終日は午後6時まで)
HEW
  • 「中村ケンゴと中村ケンゴと」(伊勢丹新宿店本館5階アートギャラリー)
  • 顔文字をモチーフにした絵画シリーズ「心文一致」(グレー)
  • 顔文字をモチーフにした絵画シリーズ「心文一致」(黄)
  • 顔文字をモチーフにした絵画シリーズ「心文一致」(茶)
  • 顔文字をモチーフにした絵画シリーズ「心文一致」(橙)
ページトップへ