「京都BAL」が8月グランドオープン。目玉は国内最大規模のロンハーマン、10年振りの丸善復帰

2015.07.01

1970年にファッションビルとしてオープンした「京都BAL」が8月21日、京都・河原町に2年7ヶ月振りにグランドオープンする。住所は京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251。

地下2階から地上6階までで構成される新生「京都BAL」は、外観はアメリカの古い建物を、内観はホテルのようにゆったりとした空間をイメージしてデザインされた。フロア面積数は約1万8,561.75平方メートルで、通常であれば100店舗以上が出店できる広さのところを、33店舗に厳選。それぞれのブランドが持つ独自の世界観を体感してショッピングが楽しめるように、各ブランドのコンセプトや個性を表現出来るスペースを用意した。

出店する33店舗のうち総売場面積450坪以上の大型店舗としてオープンするのが、「ロンハーマン(Ron Herman)」、「無印良品 / Found MUJI」、そして京都に10年振りに復活する「MARUZEN」の3店舗。中でも最上階である6階にオープンする「Ron Herman / RH CAFE」は、カフェを含んだ業態としては売場面積がブランド史上国内外最大規模となる予定だ。ロンハーマン単体でも国内最大級となる。店内では心地よい空間でウエアやリビング雑貨などのショッピングが楽しめる他、併設されたカフェでゆっくりとくつろぐことも出来る。

また、食に関するアイテムを中心にガーデンアイテムやアパレルなどを扱う「TODAY'S SPECIAL」や、オーダーメイドのソファやベッドからヴィンテージ家具、寝具やタオルといったリネン、バスソルトやソープなどのボディケアプロダクツまでを取り扱う「RACHEL ASHWELL SHABBY CHIC Couture」を始め、「THE CONRAN SHOP」や「CABaN HAYAMA」、「KOTOSHINA / 古都品」などの国内初出店、関西初出店、京都初出店の店舗も多数オープンする。

その他、「エストネーション(ESTNATION)」、「アメリカン ラグシー(AMERICAN RAG CIE)」、「トゥモローランド(TOMORROWLAND)」などのセレクトショップも出店する。
木村@HEW
  • 「京都バル」外観イメージ
ページトップへ