ノンシャランな気運から導き出されたアメカジの流れ【2016春夏メンズパリまとめ】

2015.07.28

2016春夏シーズンのメンズパリコレクションでも、特にビッグブランドのショーで目に付いたのがアメリカカジュアルスタイルだった。そして、キーアイテムとなっていたのがスタジアムジャンパーだ。

スタジアムジャンパーを祖とする日本のスカジャンからインスパイアされた刺繍入りシルク製ブルゾンを多数発表した「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」、同じくスカジャン風パッチワークレザーブルゾンを提案した「ヴァレンティノVALENTINO)」など、フォーマルではない、気軽に着ることのできるアイテムを前面に押し出したブランドが目立つ結果となっていた。多くにマリリン・モンローの写真をあしらった「ドリス ヴァン ノッテンDRIES VAN NOTEN)」のコレクションでも、スタジアムジャンパーの要素が見られた。

そして同時に散見されたのが、ハワイアンやカルフォルニアをイメージさせるアメリカンカジュアルの意匠。ヴァレンティノはパイナップルを、ドリス ヴァン ノッテンはエルヴィス・プレスリーから着想したハワイアンモチーフを、「サンローラン(Saint Laurent)」はカルフォリニアのサーフミュージックからインスパイアされたコレクションの中で、パームツリーモチーフで飾ったスタジアムジャンパーを発表。その他にも、先述のルイ・ヴィトンは鶴や龍などのアジアンモチーフを多用しながらも、アイビー・リーグやバスケットボールユニフォームの要素を加え、アメリカのイメージを強烈に印象付けた。

ウェアラブルなハイファッションを目指し、シンプルなアイテムを追究する結果、イメージを作りやすいアメリカンカジュアルに行き着いた、ということなのだろうか。先進的なデザインというものが出尽くした感のある現在、人々は定番商品や永遠のクラシックを志向し、脱トレンドの流れの中で登場したのがアメリカンカジュアルだった、と言えるのかもしれない。
Tomoaki Shimizu
  • ノンシャランな気運から導き出されたアメカジの流れ【2016春夏メンズパリまとめ】
  • ルイ・ヴィトン16SSメンズコレクション
  • ルイ・ヴィトン16SSメンズコレクション
  • サンローラン16SSメンズコレクション
  • ヴァレンティノ16SSメンズコレクション
  • ヴァレンティノ16SSメンズコレクション
  • ドリス ヴァン ノッテン16SSメンズコレクション
ページトップへ