瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」【癒しをチャージするスパ】

2016.12.29
愛媛県・松山、瀬戸内海を臨む丘に建つ「瀬戸内リトリート青凪」は、オールスイートの客室がわずか7室という贅沢なホテル

美術館とゲストハウスとして使われていた建物を世界的建築家・安藤忠雄監修のもとリノベーションし、2015年冬にスモールラグジュアリーホテルとして生まれ変わった。贅沢の極みを味わえる同ホテルの魅力に迫りたい。

一見するとホテルとは結びつかないコンクリートの無機質なファサードは、瀬戸内の自然に見事に融合。アートに囲まれた館内は、美術館だった面影を残す。ホテル内で客人を迎える家具は、美術館からそのまま引き継がれ、アメリカのミニマルアート画家、フランク・ステラや、日本の書道家、川邊りえこの作品、また松山市の若手庭師、小野豊による中庭の苔のインスタレーションなどが、訪れた人をもてなしてくれる。

setouchi
中庭には、若手庭師による苔のインスタレーション


ルームタイプは全部で四つ。最上級の「青凪スイート」は2フロアのメゾネットタイプで、8メートルの天井高を持ち、一面ガラス張りの窓からは青く広がる瀬戸内海を一望できる。その他、温泉に寝転んで空を眺めることができる「半露天温泉付きスイート」など自然に囲まれた優美な空間を堪能できる部屋が用意され、まるで時が止まったかのような静寂な空間の中で、至福の時間を過ごすことができる。

setouchi
青凪スイートは開放感が広がるメゾネットタイプ


館内のアメニティなどにも、こだわり抜いた地元のものを採用している。全室今治タオルを使用し、松山市・大和所谷のオーダーメイドの革草履を室内履きとして置く。また、松山在住の女性陶芸家、亀井紀子の湯呑で味わう、愛媛県栽培の玄米茶もまた格別だ。事処「Dining MINAGI」でも瀬戸内の四季折々の旬素材を使い、瀬戸内をしているようなメニューコンセプトで構築された「旅懐石」などオリジナリティあふれるメニューを用意。食器には一部、地元の砥部焼などを取り入れ、愛媛や瀬戸内の食文化を発信する。

setouchi
瀬戸内を旅しているようなコンセプトで考案される「旅懐石」の一品



さらに館内には、四国地区初となるリゾートスパ「ALL THAT SPA SETOUCHI」も設置。オールザットスパは日発のスパブランドで、日本の自然の恵みから生まれた天然成分由来のクリーム&オイルを用いたオリジナルトリートメントを使用し、独自の施術スタイルで全身のコンディションを調整する。ここでは瀬戸内産のみかんの皮やレモン、レモングラスのドライハーブを使った“ハーブボール”を温めて、筋に押し当て体をほぐす施術も行う。フットバスにはオールザットスパオリジナルのバスソルトを使用。香りは好みでセレクトできる。瀬戸内海が見渡せるスパスペースで受ける極上の施術に、心も体もとろけそうなほど癒される。

setouchi

setouchi
瀬戸内産のみかんの皮やレモン、レモングラスのドライハーブを使った“ハーブボール”を温めて、筋肉に押し当て体をほぐす施術も


ゲストの青凪での時間の過ごし方は実に様々。ジャグジーやサウナで汗を流し、スパでリラックスする人。夏はインフィニティプールで、瀬戸内海を臨みながら自然と一体となる感覚を楽しむ。隣接する名門ゴルフクラブでプレーするのもいい。瀬戸内の自然の中で心と体をリフレッシュすれば、また明日からの日々も満ちたりた心と体で迎えられることだろう。

setouchi
畑 麻衣子
  • 小高い丘の上から瀬戸内海を望むプール
  • 二つのベッドルームに囲まれたリビングルームを持つ、 4ベッドスイート
  • 大きく開かれた窓からは四季折々の景観が楽しめる
  • 開放感のあるメゾネットタイプのスイートルームから外を望む
  • 東京スカイツリーの展望台とほぼ同じ高さからの絶景が楽しめるというスイートルーム
  • 開放感のあるメゾネットタイプのスイートルーム
  • スイートルームには絶景が眺められるリビングルームに加え、ジャグジーも完備
  • 半露天風呂を備えたスイートルーム
  • オリジナルの寝湯の半露天風呂を備えたスイートルームは全4室
  • アメニティにはギリシャ発のコスメブランド「コレス(CORES)」を採用
  • 館内のアメニティにも拘り、室内履きには松山市・大和所谷のオーダーメイドの革草履を採用
  • 心身ともに漲って欲しいという願いから「MINAGI」と名付けられたダイニングバー
  • ダイニングバー「MINAGI」
  • 落ち着いた雰囲気の中、土地の味覚を振る舞うダイニングバー「MINAGI」
  • ダイニングバー「MINAGI」では、和食をベースにした料理でゲストをもてなす
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 朝から、心と身体を癒してくれる食を頂く幸せ
  • 日本の自然の恵みから生まれたオリジナルプロダクトでオールハンドの施術が受けられるスパ
  • 瀬戸内の柑橘を使ったフットバス
  • ドライハーブ(みかんの皮(陳皮)、レモン、レモングラス)すべて瀬戸内産
  • ドライハーブ(みかんの皮(陳皮)、レモン、レモングラス)すべて瀬戸内産
  • 日本の自然の恵みから生まれたオリジナルプロダクトでオールハンドの施術が受けられるスパ
  • ドライハーブを包んだハーブボールを押しあてて身体をほぐしていく
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 瀬戸内リトリート青凪の外観
  • まだ静かな朝に、ホテルの周りを散策してみるのもオススメ
  • 究極のインフィニティープール「THE BLUE」
  • 瀬戸内リトリート青凪
  • 建築は安藤忠雄によるもの
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 若手庭師による苔のインスタレーション
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 瀬戸内海の青き海を望むラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート青凪」
  • 徒歩5分の場所には、瀬戸内海国立公園を見下ろすゴルフクラブも
  • 小高い場所にある「瀬戸内リトリート青凪」からは、青く広がる瀬戸内海を眺めることができる
  • 瀬戸内海を望む丘にある「瀬戸内リトリート青凪」
ページトップへ