前衛的でいて、機能的--ジュエリー界の若き“惑星”KOTA OKUDA【INTERVIEW】

2016.12.30
今年も様々なムーブメントがファッションシーンを彩った。

大きく分けると、2つの潮流に分けられる。ヴェトモンのデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が再提示した90sライクなストリート感覚と、グッチのアレッサンドロ・ミケーレによる、フォークロアやヒッピーカルチャーを織り交ぜた70sレトロスタイルだ。当時の作り手たちが憧れた、近未来的でフューチャリスティックな世界観もその一つ。

後者の“軌道”に乗せて紹介したい、若き“惑星”がKOTA OKUDA/奥田浩太だ。

ロンドンの名門セントラル・セント マーチンズ ジュエリー科を卒業。在学中の2015年に、欧州最大のファッションコンテストの一つであり、世界中の若手デザイナーにとっての登竜門である「イッツ(ITS)」のジュエリー部門でグランプリを獲得した。現在、25歳。若き才能に対して“原石”と表現することがあるが、彼は既にして、ピカピカに磨かれた“貴石”のような輝きを放っている。

kotaokuda
KOTA OKUDAのデザイナー・奥田浩太

ブランドについて、ロンドンでの学生時代、素材に対するアプローチなど、KOTA OKUDAの“これまでとこれから”を、拠点であるNYから帰省中の彼に話を聞いた。

ーーまずは、セントラル・セント マーチンズを選んだ理由から教えてください

新潟で地元の高校を卒業後、フラフラと東京へ出てきました。単純に都会への憧れです。東京で過ごしたのは1年間だけでしたが、そこで様々な人たちに感化されました。芸術やファッションに携わる人たちはやはり素敵に映りました。セントマを選んだのも、その延長といいますか、海外でクリエイティブな分野で学びたいという単純な憧れからです。その頃は『ジュエリーでやってやる!』みたいな、明確な意志を持っていたわけではありません。

ーーでは、セントマが漠然とした“憧れ”を“ジュエリー”という具体的なものへと結びつけてくれたんですね?

そもそもファッションを志していました。でも初日で『違う』と感じました。いい意味で面食らったといいますか。裁断もミシンも何もできなかったですし、「じゃあどうする、何をしよう」と改めて自問した時に、僕は“素材”が好きだと強く自覚しました。金属、ガラス、革、陶器、木材…。衣服よりも工芸的で、その前にある、よりフィジカルなものへと食指が動きました。

ーー導かれるべくして導かれたのだと思います。

「ジュエリーで臨む」と決めてからは早かったといいますか、のめり込みました。卒業制作のタイミングで「ITS」の募集があって、その時はスワロフスキー社が後援でした。テーマは「未来」。スワロフスキーを使っての制作でした。

ーーで、グランプリを獲ってしまうという。

未来のみではなく、“未来と過去” それぞれのエッセンスをミックスさせて映画『2001年宇宙の旅』のような世界観を目指しました。技巧的にはスワロフスキーの最大の魅力を逆手にとって、その“輝き”をいかに抑えるか、様々な手法を試しました。塗装したり、燃やしたり…。でも暴力的な要素は入れたくないですからね。結果的に、アクリル板で“覆う”という方法に落ち着きました。スワロフスキーの輪郭を消し、光を完全にではなく、ちょうどいい塩梅に抑えてくれて、思い描いていたものが形になりました。

kotaokuda
KOTA OKUDA「PIONEER DAYS EARLY LIFE」

kotaokuda
KOTA OKUDA「PIONEER DAYS FUTURE」

ーー“覆う”という抑制の効いたミニマルな表現からは、日本独自の美意識も感じました。

作品によっては身につけた人の顔が屈折により歪みます。ジュエリーを身につけることで、その人に変化を与えるーーこれが重要だと考えています。身につけた人への印象もそうですし、身につけた人自身の心理もポジティブなものへと導かれる、そんなジュエリーを目指しました。

ーーそういった意味でいうと、コスチュームジュエラーとしてサポートした2016年春夏のRyohei Kawanishiのジュエリーたちは、綿棒や歯間ブラシ、ドアノブなど既にしてあるものを新たな価値あるものへと変化させていますね。

このシーズン、川西はマルセル・デュシャンの大ガラスに強く影響を受けています。デュシャンはレディメイド(既製品)でアートの世界に影響を与えた人物です。デザイナーの川西ともミーティングを重ねましたが、2人して「とりあえず、ホームセンター行こう(笑)」って。陳列してあるものを違った角度から見つめ直して、新たな美的価値の付与を目指しました。

kotaokuda

kotaokuda
コスチュームジュエラーとしてサポートした2016年春夏のRyohei Kawanishiのジュエリー

ーーデザインへのアプローチについて教えてください。

リサーチを最初にします。集めた言葉や画像、全ての情報を軸にムードボードを作成します。それらのリサーチを基にスケッチや簡単な立体造形を制作し大まかなイメージを固めていきます。一部はコンピュータによるCAD設計で細部を詰め3Dプリンターで出力。その後、手作業による金属での形成や加工をしていきます。金属の重さや大きさ・用途・も大切なポイントになりますので、身につけていただけること、お買い求めいただけることなど逆算的なデザインも目指しています。

ーー今回の伊勢丹新宿店でのポップアップ「Far Horizon」の見どころは?

卒業制作を元に、よりミニマルでウェラブルな展開を目指しました。純粋にブランドやプロダクトの奥にあるテーマや思想、作りの過程などを見て感じて、楽しんでいただければと思います。

kotaokuda

kotaokuda
ミニマルでウェアラブルな作品をそろえた「Far Horizon」


ーー最後に5年後、10年後、この先のヴィジョンをお聞かせください。

ロバート・グーセンスというジュエリーデザイナーがいます。彼は、ココ・シャネル(Coco Chanel)、クリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balenciaga)、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)、マダム・グレ(Madame Gres)、クリスチャン・ディオール(Christian Dior) など当時のメゾン黎明期のジュエリーデザインを一手に引き受けながら、自身の表現を確立させた人です。全てハンドメイドで、彼の血肉や思想がそのままジュエリーとなって体現されるーーそんな迫力のある作品を何百点も生み出しています。彼のように多くの人と関わりながら、自分にしか作れないものを想像・模索していきたいです。

前衛的でいて、機能的。アートであると同時に、日常を彩るアクセサリーでもある。この見事なバランス感覚は、天賦の才といって差し支えないだろう。

LANDLORD・KOZABURO・YOHEI OHNO・BALMUNGなどをはじめ、同時代の若きアパレルデザイナーからの信頼も厚い。

アートとジュエリーの可能性を押し広げるKOTA OKUDAの世界観。
ぜひその手で実際に触って、身につけて、体感してほしい。

【イベント情報】
期間:開催中~2017年1月10日
※2017年1月1日、2日は店舗休業日
伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーション
KOTA OKUDA「Far Horizon」

kotaokuda
kotaokuda
伊勢丹新宿店本館3階では、17年1月10日まで『Far Horizon』と題したプロモーションを展開中
森下隆太
  • KOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • KOTA OKUDA Artwork
  • KOTA OKUDAデザイナーの奥田浩太
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS EARLY LIFE」
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS EARLY LIFE」
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS EARLY LIFE」
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS EARLY LIFE」
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS FUTURE」
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS FUTURE」
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS FUTURE」
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS EARLY LIFE」
  • KOTA OKUDA「PIONEER DAYS FUTURE」
  • コスチュームジュエラーとしてサポートした2016年春夏のRyohei Kawanishiのジュエリー
  • コスチュームジュエラーとしてサポートした2016年春夏のRyohei Kawanishiのジュエリー
  • コスチュームジュエラーとしてサポートした2016年春夏のRyohei Kawanishiのジュエリー
  • コスチュームジュエラーとしてサポートした2016年春夏のRyohei Kawanishiのジュエリー
  • コスチュームジュエラーとしてサポートした2016年春夏のRyohei Kawanishiのジュエリー
  • コスチュームジュエラーとしてサポートした2016年春夏のRyohei Kawanishiのジュエリー
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • 伊勢丹新宿店本館3階=ウエストパーク/プロモーションで開催中のKOTA OKUDA「Far Horizon」
  • KOTA OKUDA「Far Horizon」
  • KOTA OKUDA「Far Horizon」
  • KOTA OKUDA「Far Horizon」
ページトップへ